M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 水無月に、質素で慎ましやかさを考える ─ 六月編 | トップページ | 水割りの氷がカランと君を呼ぶ ─ 6月中旬篇(6/8-6/16) »

2011年6月15日 (水曜日)

カレーに豚のばら肉を

カレーライスのことを書いてらっしゃる方があったので、いつものように我が家もカレーを作ってみたくなった。見事に伝染した。

カレーは伝染するのでツイッターでもこういうときには面白半分に「カレー伝染注意報」を発令すると楽しい。

まず、福神漬を入れると美味しいとお書きなのです。なるほど、それはあの赤いお汁も一緒に入れるから円やかになるのだろうと思った。

福神漬けといえば、普通に掛けるのも大好きで、カレーにはスプーンに2,3杯。牛丼や卵どんぶりでも、同じほどかける。(牛丼では紅しょうがもかけるので、どんぶりの上は真っ赤になる)

さらに、「豚バラ塊肉で作ること」にも触れておられる。
読んでみて、私もやりたくなったのがきっかけで、これを書き始めた。

関西人は、特にうちのんのように京都人は豚肉を嫌う傾向があり、カレーに豚肉をという話をすると、ずいぶんと非難をされる。そんなものは関東人のすることや、という具合に怒り始める。

しかし、豚のばら肉で焼豚(ゆで豚)をすると、脂身たっぷりの肉の塊を美味しそうに食べる。私の腕がいいのかどうかは不明のままにしておいても、カレーにばら肉を入れても、焼き豚のようになるのではないか。そんな想像ができる。

一度やってみたいが、食べる前の壁をどうやって越えるか。大きな課題です。

« 水無月に、質素で慎ましやかさを考える ─ 六月編 | トップページ | 水割りの氷がカランと君を呼ぶ ─ 6月中旬篇(6/8-6/16) »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

yumiko さん。
お返事ありがとうございます。
西日本の方と察しています。少し食文化が似ているところがあるかもしれないような気がする。

京都の人はあまり豚肉を喜んで食べない傾向があると思います。
というか、カレーは牛肉に決まっていると決め付けている人が私の周りには多いかな。

地方にはそれぞれの得意があって、豚の肉も美味しいのですけどね。

角煮は、どっさりと脂身があっても食べるんですよ。
美味けりゃ。

また機会があったら寄らせてもらいますね。
誘いに来てくだされば、必ず行きますが(笑)

取り上げていただいて、ありがとうございますribbon

が、京都人、豚肉嫌いなんですか?
4年ほど住んでたけど、気づかなかった・・・

やっぱり地元民でないとわからないことって
多いですね・・・sweat01

福神漬の方は、お試しくださいhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/51952093

この記事へのトラックバック一覧です: カレーに豚のばら肉を:

« 水無月に、質素で慎ましやかさを考える ─ 六月編 | トップページ | 水割りの氷がカランと君を呼ぶ ─ 6月中旬篇(6/8-6/16) »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31