フォトギャラリー(令和2)

  • 冷やし中華(25日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 熊野古道をゆく ─ 波田須 | トップページ | 好きな人がいたら真っ直ぐにみつめること »

2011年5月 1日 (日曜日)

麦の穂が…出ていた

麦の穂

29日に熊野古道行きのJRの中から麦の穂が出ている風景見つけた。あら、もう出てるのか、とささやかな感動。

そこで、帰ってたあくる日に近所を走っているときに、車を止めて麦の畑の傍に近寄ってみた。

5月になってからは、すっかり夏の風が吹いてくるのがわかる。

琵琶の実

これは去年の6月の写真。

JRの中から枇杷の木に袋がかぶせてあったのを見たので、実がなったのかと思い過去の写真を探してみる。すると実がついている写真は6月の撮影になっている(去年)。

あとひと月もすると、麦は黄金色に、枇杷の実はたわわになるのだ。

« 熊野古道をゆく ─ 波田須 | トップページ | 好きな人がいたら真っ直ぐにみつめること »

瞬く・増版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麦の穂が…出ていた:

« 熊野古道をゆく ─ 波田須 | トップページ | 好きな人がいたら真っ直ぐにみつめること »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト