M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 宮本輝 月光の東 | トップページ | 麦の穂が…出ていた »

2011年4月30日 (土曜日)

熊野古道をゆく ─ 波田須


イラストマップ 大吹峠
イラストマップ 波田須の道

熊野古道

4月29日。熊野古道をゆく。

駒谷さんの描いたイラストマップ。

とても重宝します。

行きたくさせてくれるマップ。

熊野古道

荷阪峠を越えるとトンネルの向こうは熊野灘だ。
車窓から紀伊長島の海が見えた。

JRで行く楽しみこういうところにあります。

熊野古道

列車は尾鷲市に着く。人が少し多い。けど、静かな街だ。

中部電力の火力発電所の煙突の傍を通り、
大曽根浦を過ぎたあたりで尾鷲湾が綺麗に見える。

熊野古道

新鹿駅まで美しい海の景色が続く。窓に貼りついたままになってしまう。
新鹿駅で降りたのは私一人だった。駅前で遊んでいた小学生に声をかけて道を尋ねると、猫の通り道のような路地を教えてくれて、しかも先導して簡単にR311まで案内してくれた。とても素敵な軒先の道。

きょうはここから熊野市まで歩く計画で、まずは、駅の先にあるトンネルの上を回りこみながら峠に上ってゆく。

波田須への道の始まり。

熊野古道

民家の垣根の間を抜ける。
後ろを振り返ると新鹿の海と砂浜がとても綺麗です。

旅人も歩いた道なのだ、と海を振り返りながら思う。感慨を胸に満たせて登ってゆく。

季節はずれの海は大好き。

熊野古道

峠の手前で国道R311を少し歩くものの、すぐに山岳道に入る。

木陰であるにもかかわらず汗が噴き出す。暖地性のシダが群れている。竹薮もある。タケノコを堀散らかした跡が点在しているところもあった。

掘り逃したのか、そこまで欲がなかったのか、お手ごろの大きさのものが道の脇にニョキッと出ているのにも出会う。

熊野古道

西行松の案内板を越えると緩やかでのんびりとした道になる。
波田須の海が遠くに見える。

山あいの斜面にはみかんの木がたくさんの実をつけている。もう、もぎ取ることはしないのだろうか。

熊野古道

どこの家の庭にも花がいっぱい咲いている。

もうすぐ花を咲かせるミカンの木も点在している。
海が見えるとそのつど足を止め景色を眺める。

熊野古道

古道は、ひっそりと静かな佇まいのなかを行く。足跡も都会の靴で汚れていない。石がいい。土もいい。

国道よりもずいぶんと高いところに、普通に民家が点在している。車が上がってこれる道路などはどこにもなく、この家々の人は眼下の車道までは急峻な坂道と石段を数分かかって駆け下りなければならない。

車を持っていたとしても国道の近辺に置くしかない。

熊野古道

はるか遠い海。

これからその近くまで歩いてゆく。

一人で歩くのが一番よろしい。
センチメンタル。

熊野古道

念願だった波田須の景色を見ることができてとてもうれしい。

熊野古道

石畳は容赦なく続くが、波田須の道といわれるエリアは初級レベルといっていい。木陰がやさしい。

民家のなかを歩いていると、とても甘くて惹きつけられる香りがするので、嗅ぎまわってみるとツツジの花が庭に咲いていた。写真を撮ればよかったな。

素敵な集落だった。

熊野古道

案内板はとても親切だ。

人には全く遭わない。

熊野古道

徐福の宮というところが近いので、国道にバスを止めて観光ツアーの人が立ち寄ることがあるらしい。

このいい景色だけをつまみ食いかな。

歩いてこないと良さがわからんだろうに。

熊野古道

波田須神社というのもある。

熊野古道

徐福茶屋の跡からの眺望。

風になるという表現があるが、私も飛べたら・・・と思う。

熊野古道

国道をゆけば近いのかもしれない。
古道は少し波田須の集落の中をゆく。

まさに、山笑う。
こういう景色はGWのころでしか見れないな。

熊野古道

とにかく、海が綺麗なので、立ち止まって景色ばかりを見ている。

熊野古道

案内のイラストにも描かれているが、
この小さな道しるべを見逃すと必ず迷子になってしまうだろう。

家々では普通の生活をしている人々の姿がある。
田んぼには田植えの人が腰を二つに折っている。

熊野古道

田植えの終りつつある田んぼの中をゆく。

自転車も押してゆけないような細い道もある。

休日なのでのんびりとしているおうち等もある一方で、
忙しく畑での仕事をしている人もいる。

今は夏の準備で忙しい。

熊野古道

大吹峠の登り口で大きな休憩を取った。
おにぎりせんべいを持っていたので少し食べる。

カップヌードルは、もっとおなかが減ってからにしよう。

熊野古道

意を決して大吹峠にチャレンジ。
東側からの登りのほうが短いのかもしれない。

少し急な石段があったがクリア。

熊野古道

人には誰も会わない。

でも山の中から誰かが大きな音を立てて駆け下りてくるのが聞こえる。すごく元気な人だなと感心していると、ドドドと近づいてきた足音の主が茂みから私の前に飛び出した。

鹿だ。
奈良公園の鹿よりももっともっと大きくて太い。走る姿は馬のイメージが近いかも知れない。
対面してたら腰が抜けたかもしれない。
カメラは間に合わず。

熊野古道

大吹峠の下りはなだらかで、やや長く感じる。
石段と石畳とが混ざっている。

大泊の海が見えて、ほっとする。

膝に少し不安があっただけに喜びも大きい。

熊野古道

大泊の海岸。

海水浴の季節でない海は静かだ。

熊野古道

R42号に出て、さて松本峠に登ろうかと思案していると、若いカップルや女子集団が颯爽と石段の登って行ったので私も登ることにした。

楽に登れそうだと見えたのが、石段は長くて急だった。

熊野古道

新鹿から歩いてきて、ひとつのセッションとしての坂道は、この松本峠のものが一番まとまっていた。

最後に越えるには、すこしきつかったな。
距離は短い。

熊野古道

峠の上にはシャガの花が咲いていた。

わき道にそれると鬼ヶ城の方面へと抜けられるらしい。

女性軍団はそちらのほうに行くルートを知っていて、鬼ヶ城に車を止めてこの峠にチャレンジしに来たものらしい。納得する。

熊野古道

ツツラト峠、馬越峠に続いて人気の峠らしい。

熊野古道

七里御浜が遠くに見える。

ここから木本高校の傍を通って熊野市駅まで下ってゆく。

« 宮本輝 月光の東 | トップページ | 麦の穂が…出ていた »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
本州の山は深そうですね
熊野古道はどこからどこまで?
世界遺産なのによく知りません
水田にはもう水が張ってあるようですね
歩くと遠いんでしょうね~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/51530989

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道をゆく ─ 波田須:

« 宮本輝 月光の東 | トップページ | 麦の穂が…出ていた »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31