M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 月ヶ瀬の梅 | トップページ | 梅 »

2011年2月26日 (土曜日)

ゼロに近づく。

ついこのあいだのこと、ノートにそう書いてじっとじっと眺めている。

数理科学でメシを食っているとゼロという概念はとても重要であるものの、反面、無意識の中にあることもある。

すべてはゼロに近づく。詰まりは、逆数を取ることで無限大へと広がる。

人は、生まれたてのときにおいて無限大の情報量を受け入れることが可能だ。だから赤ん坊は空箱。エンプティセット、空集合だ。
空っぽの自分に無限の情報が流れ込むから、時間が過ぎるのを速く感じる。情報量の側から見れば時間が止まって見える。

年齢とともに情報は減少する。そこで、感動することが薄れ、時間が流れるのを速く感じる。クロックが遅くなっているのだ。やがて止まって生命は終わる。

---

世の中の不都合への怒りも、また歓びも自由にその感想を述べることができるという世の中で、贅肉だらけの情報が飛び交っている。

総理のマイナスを指摘する声が聞こえてくる一方、マイナスをいう人にプラスも指摘できるのだろうか、という疑問。定性的な評価ではなく定量化した評価力を失った、自己満足だらけの情報量に纏わられた人々があふれ、情報というものに捻じ曲げられてゆくのが滑稽だ。
プラスを抽出する能力のないモノたちが世の中の情報を牛耳ってしまい、ツイッターやソーシャルネット、果てはインターネットに呑まれて滅びてゆく時代が来るだろう。

---

私の体内クロックは遅くなりつつある。
遅いクロックだからこそ見えてくるものもあるのだ。
社会学者が最も、今、フーリエ変換を勉強しなおさねばならないのかもしれない。

« 月ヶ瀬の梅 | トップページ | 梅 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50973178

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロに近づく。:

« 月ヶ瀬の梅 | トップページ | 梅 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31