フォトギャラリー(令和2)

  • 冷やし中華(25日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« あの人の背中のごとし蕪の白 - 十七音 12月初旬篇 | トップページ | 書きかけ »

2010年12月 4日 (土曜日)

飛鳥散歩

12月1日。飛鳥散歩。

 

まずは、近鉄飛鳥駅に降り立つ。

 

レンタル自転車が900円。
割引券とペアになったパスポートが100円で、自転車がそれで100円引き。
そのほか周遊する何箇所が100円引きですが
バスの周遊フリー券650円と悩んで
結局どれも購入せず。

 

行きと帰りのお金をその都度払いながらバスで移動。

 

だって、バスは1時間に1本しかないし、到着が11時過ぎで、帰りは3時過ぎを考えていたので、せっせと歩くことにしたのだ。

 

石舞台正面

 

休日ではないので、人はまばらでした。
静かでのどかな水曜日。

 

誰もが目指す石舞台古墳まで行きました。
黒米カレーを農村レストランで食べて、古墳跡を見学し、広場で癒されて。

 

石舞台古墳

 

石舞台の周辺だけでも半日過ごせるほどのんびりムードです。
素敵な広場。

 

でも
そのあと、高松塚遺跡へ。

高松塚古墳

 

どうしても、壁画が見たかったみたい。
うちの人。

 

永年連れ添うているけど知らない一面ですね。

 

また行きたいな。
今度行くときは、5キロコースのウォーキングをしましょう。

 

亀石、川原寺、橘寺に行きたい。

« あの人の背中のごとし蕪の白 - 十七音 12月初旬篇 | トップページ | 書きかけ »

瞬く・初版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥散歩:

« あの人の背中のごとし蕪の白 - 十七音 12月初旬篇 | トップページ | 書きかけ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト