令和元年

  • ジューンベリーの実(5月26日)
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ふつうの日記 - ヒゲ剃り | トップページ | 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに »

2010年12月20日 (月曜日)

飛鳥 - を歩きながら考える

飛鳥を歩いたときに、少しこの時代のことを考えている。
まあ、私の口癖であるのだが、夫婦でこんな話はほとんどしないなあ。

--

飛鳥時代の人たちの日常会話を想像したことある?
幸せとか豊かという言葉はなかったなー、多分。

「環境」という言葉はない。
「宇宙」という概念もない。
「心臓」とか「命」ということもまだ言葉になっていないだろう。

もしかしたら、幸せという概念もなかったかもしれない。

ほとんど、犬やサルたちの会話に似ていたかも。
感情と感覚くらいを言葉にできただけで、文字が使われ始めてモノの名前を呼ぶ習慣がつき始めたころや。

しかし、
そのころでも、戦や争いはあったんやな。

でも、神に対する畏敬も大きかった。

人類は,言葉と文明と知識を技術を得て、畏敬の念を忘れてゆくのよ。

--

橘寺、川原寺に行けなかったけど、あの付近に佇むと、人間の生身の原点に戻れるような感じがするわ。

« ふつうの日記 - ヒゲ剃り | トップページ | 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥 - を歩きながら考える:

« ふつうの日記 - ヒゲ剃り | トップページ | 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31