2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに | トップページ | 斧入れて香におどろくや冬木立 (蕪村) »

2010年12月25日 (土曜日)

断捨離

断捨離が話題だそうです。

上手にブームを作るから、作者というのは大したもの、メディアも抜け目がないなと思う。
その一方で、その着想の過程が大事やろ。
それが押しなべての感想。

--

断捨離。

当たり前のことをもっともらしく解説すると、社会が過剰に反応してブームが起こったり、ベストセラーになる。そういう社会を考えると世相が見えてくる。

本来ならば、人々はそういう摂理を生活のなかで自らの力で見出すのが望ましいわけで、今や現代社会の実質上の舵取りをしているメディアによって(断捨離 ブームが)生まれて、商業主義に押されてちやほやされる。

断捨離、そのものをとやかく言うのではなく、その本の書かれていることは素晴らしい。本についてはそれ以上は何もなく、どうぞみなさん学んでください。

だが、こういう現象を見ているとすべてにおいて流行を扱う社会がオカシクなっている。

人は、行動規範やその考え方、物事の摂理、原理などを、他人や外部から与えられるのではなく、自分で見出すのが自然であり理想であるはずだった。

このことを書いたベストセラー本の最初の数ページに相当する中身は、一人一人が日常においてあらゆるものを見つめて自らで導き出すものであり、ここで最も 重要なことは、そういうものが生まれてくる過程であり土壌であると思う。

そういう過程をカタチにしない世の中が、不況に代表される混沌を生み出しているのだ。決して過言ではないだろう。
(R1.1)

« 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに | トップページ | 斧入れて香におどろくや冬木立 (蕪村) »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50393768

この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離:

« 年末恒例(^-^)/ ゴミは早めに | トップページ | 斧入れて香におどろくや冬木立 (蕪村) »