2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 断捨離 | トップページ | ひとりふたり今年も欠け逝く年忘れ - 冬至篇 »

2010年12月25日 (土曜日)

斧入れて香におどろくや冬木立 (蕪村)

青空がガラス越しに見えている。
しかし、山茶花の花が揺れている様子から風はなかなかのものらしい。

クリスマス寒波というらしい。

この頃のわたしは少し枯れ気味で、目でも耳でも刺激を受け止める器を半分ほど閉じているままだ。

こんな時には、蕪村がいい。


 斧入れて香におどろくや冬木立 蕪村

はっとさせられる。

いや、
はっとさせられなかったら、もう一度自分を磨かねばならない。

« 断捨離 | トップページ | ひとりふたり今年も欠け逝く年忘れ - 冬至篇 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50402291

この記事へのトラックバック一覧です: 斧入れて香におどろくや冬木立 (蕪村):

« 断捨離 | トップページ | ひとりふたり今年も欠け逝く年忘れ - 冬至篇 »