« 心に旗をたてる | トップページ | 遺す言葉 - 1 »

2010年11月28日 (日曜日)

初霜に白きねぶかや薄化粧 小雪篇

小雪のころまで
何もなく、静かに過ぎて行った日々。

(23日)

きのうは小雪。

流れゆくタイムラインの中で、トンネルの中の孤独と淋しさを彷彿させるようなつぶやきで出会った。静かな夜に切なさを感じ取っていた時代。怖いものもない、あのころは勇敢な冒険家だった。

そんなことを回想しながら、新しい句が何も浮かんでこない。
感情が揺さぶられないということは、人間は死んでいるに等しいのかもしれない。


(22日)

就寝前に枕元に持ち込んでいた本を、朝になって持ち忘れて、通勤列車の中は暇になる。
ぼんやりと外を見る。
それはそれで飽きない。
畑で立ち枯れになっている大豆が冷たい雨に打たれている。

▼文庫本持ち忘れたり月曜日

雨はあがる気配もなく、夕方もお迎えに来てもらう。

▼夕飯はまだなの、お迎えが先だから
▼おかえりと傘もささずに軒でいう

駅を出て車まで傘も差さずに駆け寄る。
温い雨が降っている。

▼雨降りの水溜まり好き、長靴で

満月の夜に雨が降る。
悔しがっている人も多かろう。

もう一緒に見上げる人など、私にはいない。

▼おやすみと言っても君は雲の陰
▼満月は隠しておくのキミのため

晴れてほしかった人には申し訳ないのだが、雨に隠れていても私は悔しくないのだ。
心にはしっかり見えているのかもしれない。

(21日)

▼その人を嫌いなくせに好きという
▼縁側でゆらゆら茶の花眺めおり

お茶の花を咲かせたら「恥ずかしいことだとお茶農家の人は話してくれたことがあった。
手入れが行き届いたお茶の木は花が咲かないのだろうか。

山茶花より遥かに地味で、白色の侘助よりも子供じみた小さな花。

子どものころは何とも思わなかったものが、途轍もなく寂しく思えたり侘しく見えたりする。

もう遅い。
いまごろ、そんなことに気づいても遅い。
そんなことも思う。

▼凩に怖じ気づいたか家に居り

近所の山にバイクを走らせてみようと作戦を練っていたのに、朝から凩が強い。
この平野の凩は一級の冷たさと強さを持っている。

窓越しに冬を見ている。

作品に面白みがない。それは、物事を冷めてみてしまう自分に原因がある、とわかっている。

▼冬ベンチ飛び出す絵本の赤さかな

ネットで見かけた落ち葉の積もったベンチ。そうだ、紅葉を見に行っていないよ、今年は。
誘ってみようか。

▼小春日に縁側に出て猫になる
▼早朝の焚き火の煙に身をかざす
▼煙立つ炭焼き小屋に爺一人

寒い朝。
好きなのだけど
身の回りには寒さが嫌いな人が多いので
私は好きだとなかなか言い出せない。

▼初霜に白きねぶかや薄化粧

夜テンション。
タイムマシンのトンネルを滑り落ちるような
ゾクゾク感とそれが到着した無人の駅のような静けさ。
深夜の自画像。
ホンモノとも思う。

寒い夜ほど、冴えてくる。

本当の初霜はもう少し前だったけど、薄化粧の葱を思い出したの。

(20日)

▼初霜や銀のピアスに凍る風
▼きょう海辺の町にみかんを買いに行くの

あの人は、ピアスなんかしてなかったのだけど、私の中で作り上げるドラマのその人はいつも素敵なピアスをしている。

用意していたわけでもないだろうに、バックからミカンをひとつ取り出して、ハイッ!とくれたことがあった。甘いミカン。

(19日)

▼さっき出した長い手紙のそのあとに本当は好きと書き添えたかった

手紙なんか誰にも書いていないのに。
何を強がり言ってるの。

▼ヤキモチを焼いて悔しい焼肉屋
▼煮魚の骨つつきつつ好きという
▼焼き鳥に誘いたいけど言い出せず
▼夕暮れや哀しい人があふれてる

今朝は寒い、吐息が白い。
もう、すぐ、師走になるんだ。

好きで好きで
一緒に食事をしたくて仕方ない人がいた年頃があって
どうやって誘おうかばかりを考えてみて…夢が果てて沈んでいた。

いざ誘えば割と上手く事は運ぶのだけど、すぐにさようなら。

▼小春日や道草喰ってメールして

だから、
恋は、ずっと片思いのほうがいつまでも幸せでいられる。
メールを打ちながらそう思う。

絶対に「好き」とかいう言葉は書いてはいけないの。

(18日)

ボジョレーヌーボー、解禁でちょっと明るいニュースが飛び交う。

▼白い月に指で好き好きと描いてみる
▼ポンと肩を、ワインは白よとさり気なく

ふたりでワインを飲むと幸せ。
少し甘えてみたくなる。

▼湯たんぽが欲しくて背中にゆの字書く

月がもうすぐ満月になる。
不安定なマル。

▼もういいの私はひとりでお月見します

(17日)

▼凩やコートの裾のその奥へ
▼凩の頬染めさせるミニスカート
▼凩が水の兵器で攻めてくる

凩が相変わらず強い。
寒いのが好きだと言いながらも
強い風はどうしても好きになれない。

嘘と
裏切りと
大きながなり声と
力任せと

そういうものが大嫌い。

« 心に旗をたてる | トップページ | 遺す言葉 - 1 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50153228

この記事へのトラックバック一覧です: 初霜に白きねぶかや薄化粧 小雪篇:

» 年の初めに考える ─ 小寒篇 [- Walk Don't Run -]
初霜に白きねぶかや薄化粧、と昔に書いたのを見て「初霜や白きねぶかの薄化粧」のほうがいいかもしれないと、今ふと思った。あれは小雪の朝のことだった。2年とひと月余り前の私が、たった十七音で綴られた言葉から、面白いように蘇ってくるのが分かる。 ** ニンゲンは言葉というものを話すことから、それを書きとどめておくという能力に強化して身につけたことで、あらゆる情報を歴史に刻むことへの一歩を踏み出した。石器時代よりもさらに遡った時代のことだった。遥かなるご先祖様たちは、一年という周期で季節が巡り、太陽が私たちか... [続きを読む]

« 心に旗をたてる | トップページ | 遺す言葉 - 1 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ