« 行楽日和か、洗濯日和か | トップページ | 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 »

2010年11月12日 (金曜日)

さざなみなんて、そう簡単にすくえないの ─ 立冬篇

立冬の日に日記を書き始めて、なかなか進ますにそのままになっている。

時間を棄て去った形になっているのだが、まだ、そういうものを無駄に忘れてしまうのは惜しいと思うので、頑張って書くことにする。

11月7日 きょうは立冬。

子どものころは、立冬というと物凄く寒い季節がやってくるという悲愴的な思いのようなものがあった。

オモテで遊ぶには不適で、部屋でのんびり過ごす。

絵の具など探し始める。
画才はないのだが、絵がかいてみたくなる。

蛍光ペンで絵を描いて遊んでみようかとか思ってみることがある。

▼ねんてんの今日の一句から

そぞろ寒君の睫毛がつんとして
君を待つ許すそれなら秋がいい
冬日和ボタン取れても君が好き
好きだよも嫌いも同じ息白し
さくらさくら突然いなくなっちゃ嫌

林田麻裕

なんて素敵な俳句だろう。
素直にこんな俳句を詠める人は天性なんだろうなあ。

▼ゆるやかな雨雲が地域の上空を覆っている

降りそうで降らんし。
いつ降ってもおかしくない日

(6日)

▼昨夜の夢は、我が家も猫を飼い始めるというもの

だが、家族会議で3分の2の反対で却下は間違いない。

ほんまもんの夢でした。
夢はいいなあ。
肌にぬくもりを感じる。

この日は、「千夜一夜」を書いたりして過ごした。
書きながら少し切なくなる。

切なさをなくしたら書けなくなる。
ノンフィクション。
いいえ、妄想かも。

▼ゆく秋や髭も白黒斑なり

私のひげは、ひげダンスのひげですが、
かなり白が増えました

▼ゆく秋やそこを曲がれば行き止まり

明るく振舞っていながら
ストンと暗い穴ぼこに落ちてみる。
それをジョークと笑えればいいな。

▼ゆく秋を惜しむことなく愉しめり

いい天気だ。
そんな朝。

平日なら洗濯日和、休日ならお出掛け日和。勝手なもんやなーと思ってみたり。

▼久しぶりに学校に行くと試験期間は既に終わっていた

あたふた走り回る自分。
史実ですが、そういう夢を、
苦しいときによくみます。
もう、29年も昔の事なのに…。

夕べも魘されたらしいです

苦しいことがあると
あの時の一瞬に戻ってくるようです。

青春といえば青春だが、おバカな学生時代だった。

▼さざなみなんて、そう簡単にすくえないの

恋に疲れて海に背を向けたとき、もしかしたら…

(5日)

▼夕焼けがキミのチークにリークする

日暮れは早いね。

(4日)

▼買ったよ。切羽へ .井上荒野/著

さっきトイレでビチ糞うんこを、
三三七拍子で出している音を聞いた。

そんなメモが残っている。

(3日)

▼きょうのテーマ曲は、モリタート。

ご機嫌な時は、こればかりを繰り返しています。ツーリング中

志摩半島楽しいツーリングでした。

(2日)

▼会釈して分かれて時雨の雲近し

散らばった落ち葉は楽譜、
そしてキミの靴音はジャズのリズム。
夕暮れの坂道を駆けてゆく

あいつなんか、雨に降られればいいんだ。

(1日)

▼おやすみの言葉が夜空をとんでゆく

今夜はやけに凩がざわめく

▼冬鳥が来て澄ましてるガラス越し

風が出てきた。家が揺れている様な錯覚。
真冬なら普通だが。ちよっと早すぎる木枯らし。

« 行楽日和か、洗濯日和か | トップページ | 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50008167

この記事へのトラックバック一覧です: さざなみなんて、そう簡単にすくえないの ─ 立冬篇:

« 行楽日和か、洗濯日和か | トップページ | 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 »

M's Zoom

  • 七月中旬ディズニーランドにて
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ