« 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 | トップページ | 火葬場 »

2010年11月17日 (水曜日)

半月の沈まぬうちにチューをして ─ 11月中旬篇

まあ、
相変わらずの私ですが、

そろそろ夏のパジャマを仕舞って、
冬のパジャマに替えようかなとか
考え始めている。


(16日)

今夜はカレー。
二人で食べる。

▼半月の沈まぬうちにチューをして
▼好きだった人に会いたくなる上弦の月
▼時雨かな、濡れていまいかあの人も
▼月時雨恨んだ人も濡れてよか

月は、毎年書きますが、冬の月がいいですね。
綺麗で、澄んでいて、高くにまでのぼるし、揺らめく。

見上げるほうもじわっと寒い。
寒さがいっそうきれいに見せる。

▼おかえりと声をかけたい人がいる

静かな夜だ。
40型のテレビを買ったのだが、テレビなんてほとんど見る習慣がないのだから、眠ったまま。


(15日)

上限の月がきれいな夜だった。

▼上限の月。きれい。思い出す人次々と。

パソコンの部屋。
寒いなあ。
快適な時期なんてなかったなあ。

早うコタツ出さな。

そんなんこと、しみじみ。

▼北風がやんで落ち葉たちざわめく

▼落ち葉盛り火遊びオトナの夢を見る

たき火をしなくなったなあ。
あの不完全な温もりがいいのだが。


(14日)

名前表記を わはくま に変更した。
よりいっそうリアルに近づく。

テレビを買いに出かけたのだが、入荷待ち期間が3週間ほどだ、とお店の方が言うの。
何よそれ!と少し怒る。

黄砂が来て空がドンヨリしている。
13日から14日。
曇りのような土日だった。

そうそう、
実家にキウイがたくさんなっているのでどうしようかとTwitterに書いたら、
・ジャム
・ジュース
・お酒
の案が浮かび上がった。

▼兎追い迷い込む果てのデッドエンド
▼道草に期待をしていい?お月様

行き止まり。
そう、人生にも行き止まりがあるのだ。
努力の果てに行き止まりにぶち当たったらどうすればいいのか。


(13日)

13日から14日にかけて熊野行き。
アイフォン圏外の部屋での生活。
すっかり別邸と化している。

« 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 | トップページ | 火葬場 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/50053672

この記事へのトラックバック一覧です: 半月の沈まぬうちにチューをして ─ 11月中旬篇:

« 木枯らしよ吹け吹けあいつに向けて吹け  ─ 立冬直後篇 | トップページ | 火葬場 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ