令和元年

  • 25日の夜は鰹のタタキ
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 小川洋子 セレクション 薬指の標本 博士の愛した数式 | トップページ | 新田次郎 セレクション »

2010年10月 9日 (土曜日)

胡麻の花

 泣き虫のまた泣かされて胡麻の花
 (高倉和子)

 坪内稔典さんがご自身のHP、今日の一句(10月7日)で「悲しいにつけうれしいにつけすぐ泣く人が、またまた何かで泣いている。その近くで胡麻の花が揺れている。のどかな農村の立ち話を想像する場面だ。」と書いてます。

 近ごろは農家の畑でもゴマの栽培を見かけることが少なくなりました。子どものころには秋の収穫が片付いたころに、いつも、小春日の縁側でゴマの鞘を木槌で叩いたのを覚えています。

 旬のモノがお店から影を潜めていってもう幾年も過ぎるものの、今年もサンマが魚屋の店先に並ぶ季節になって、心が密かに喜んでいます。秋とはそういう季節だという方々も多かろうと思います。

*

春山淡冶にして笑うが如く、夏山蒼翠として滴たるが如し、秋山明浄にして粧うが如く、冬山惨淡として睡るが如し。

ついこの前に「山笑う」と書いたばかりなのに、もう「山粧う」季節になってしまいました。

秋は何をしても楽しいです。イベントも盛りだくさんですから、身体を動かしても、食べても、芸術に目を向けてもいいですね。

« 小川洋子 セレクション 薬指の標本 博士の愛した数式 | トップページ | 新田次郎 セレクション »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡麻の花:

« 小川洋子 セレクション 薬指の標本 博士の愛した数式 | トップページ | 新田次郎 セレクション »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31