2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 倉本聡 優しい時間―Scenario 2005 | トップページ | 風が強く吹いている (読後の、その後) »

2010年9月15日 (水曜日)

梅棹忠夫 梅棹忠夫の京都案内

<ちゃいちゃい、入ろか
そういう言葉も、消えてゆく。

それはそれでええのんですが。

この本は、久々のヒット。

---

梅棹忠夫の京都案内
(角川ソフィア文庫)
梅棹 忠夫
角川書店

---

この本は、結構面白い。

京都の人が読むと、なおさら、面白い。
よその地方の人は、入門書として読むことも可能ですが、オモロないかもしれない。

京都って所は、ちょっと排他的で閉鎖的。

言葉も文化も、見かけほど美しく清くもないけど、人の味がする。

梅棹先生がそんなことを上手に書くなんて、エライ先生なので、めちゃ驚き。

ポケットに一冊。持ち歩いてもいいかも。


| 2009-07-31 23:58 | 日記系セレクション |

« 倉本聡 優しい時間―Scenario 2005 | トップページ | 風が強く吹いている (読後の、その後) »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49457004

この記事へのトラックバック一覧です: 梅棹忠夫 梅棹忠夫の京都案内:

« 倉本聡 優しい時間―Scenario 2005 | トップページ | 風が強く吹いている (読後の、その後) »