2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 終楽章が書き出せない | トップページ | 信頼というもの を考える »

2010年9月16日 (木曜日)

終楽章ふたたび


終楽章ふたたび

あれが、春だったことだけは覚えている。
だが、何か驚くようなことはひとつも蘇らない。

桜が咲いていたかどうか。
鳥が鳴いていたかどうか。


あの子は海を好きだといったことが一度もなかった。

湘南の鉛色の海を眺めながら、別れという言葉を避けるように、立っていた。
もう、今夜には一緒に居れないのがわかっているだけに、横殴りに降りかかる雨が憎かった。
それが夏の始まりのころで、
それから一年も経たない間に私たちには数々のドラマが訪れ、
一度傷ついた作品を元に戻せないのと同じように、
しかもその傷が光を返して揺らめくように、
あの子の時間と私の時間が、あざなえる縄のように縺れていったのだ。

そう、それから
一年も経たないころだった。
だから、春だったのだ。

| 2009-03-20 12:43 | 深夜の自画像(詩篇) |

« 終楽章が書き出せない | トップページ | 信頼というもの を考える »

(追憶) 鳥のひろちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49469042

この記事へのトラックバック一覧です: 終楽章ふたたび:

« 終楽章が書き出せない | トップページ | 信頼というもの を考える »