フォトギャラリー(令和2)

  • 餃子
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 雨降りを恨む素振りで傘の下 | トップページ | みちくさ バージョン (別れの風景) »

2010年9月16日 (木曜日)

突付かれて無頓着な振りをする


突付かれて無頓着な振りをする


 

束の間の幸せだったかもしれないけど
そんな昔の出来事が、やけに思い出されて。

 

まあまあ、今でも幸せなんだけど
もう少し欲を出してもいいかしらと
ふと、思ったようなときに

 

どこかで誰かが、
あなたも、できるわよ。
もっと羽ばたけばいいのよ、
と言ったような気がする。

 

あーあ。
疲れたな。
でも、
幸せってこんなことかな。

 

羽ばたいて、飛び上がっても
また再びここに降りてこれる。

 

背中をポンと押したり
おでこをチョンと突っついたり
そんな得体の知れないあなたとわたしは
アイスコーヒーの氷が全部融けてしまっているのに
ストローで攪き混ぜながら、
見つめあって話をしている。

 

| 2008-07-25 07:55 | 深夜の自画像(詩篇) |

 

 

« 雨降りを恨む素振りで傘の下 | トップページ | みちくさ バージョン (別れの風景) »

【十七音のおと】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突付かれて無頓着な振りをする:

« 雨降りを恨む素振りで傘の下 | トップページ | みちくさ バージョン (別れの風景) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト