令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 銀マド(日記系セレクションから) 2006年 下旬日記篇 | トップページ | 失意泰然  六然から »

2010年9月15日 (水曜日)

夢の通い路  (忘却の河から)

(日記系セレクション)

私は、深い深い海の底であなたをお待ちしています。
光も届かない暗いところで、静かに暮らしているのよ。

なんちゃって。

忘却の河。

再読中ですが、あまりにもゆっくり過ぎて。
でも、この作品はゆっくり読んで、遅すぎることは全くない。

夢の通い路。
この章を読んでいるときなど、どれだけ多くの人たちが、一文一文に感銘し、ため息をつき、声に出して読み返してみては、本を閉じ、再び読み返すという動作を繰り返したことだろうか。

男は、女。女は、男。
その心は深いところで区別なく繋がっていて、言い訳を呟きながら、哀しみを慰めあう。

いっそう、このまま、寄る辺のない朝もやを目指して、歩き続けるのがいいのかもしれない。難しくなんかない。そう強がってみるのもいいじゃないか。

Tags:強がり


| 2007-11-01 23:02 | 日記系セレクション |

« 銀マド(日記系セレクションから) 2006年 下旬日記篇 | トップページ | 失意泰然  六然から »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の通い路  (忘却の河から):

« 銀マド(日記系セレクションから) 2006年 下旬日記篇 | トップページ | 失意泰然  六然から »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31