フォトギャラリー(令和2)

  • 「ピリ辛ねぎラーメン」スガキヤ(牛焼肉丼とサラダをセット)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 失くしたものなど 甦った試しも無い | トップページ | 終楽章ふたたび »

2010年9月16日 (木曜日)

終楽章が書き出せない


終楽章が書き出せない 【鶴さん・ひろちゃん】


 

4月の初旬から、
「鶴さん」と「ひろちゃん」の続きを書かずに置いている。

 

物語の最終楽章は、決してグランディオーソ(grandioso)をフォルテシモで駆け抜けようと考えているわけではない。
むしろ、私にしたら大きく息を吸って勢いよく書き出しながらも、繊細で震えるように消してゆきたいというように、考えていたこともある。

 

しかし、
そう簡単には書き出せない。
いつまでたっても、最終楽章に取り掛かろうという気持ちになれないまま、幾日もが過ぎてゆく。

 

ストーリーは、わかっているし、決して面白いものでもないのだから、そそくさと終わらせてしまいたい。
・・・・というものの、自分に納得のゆく余韻が得られないのだ。

 

---

 

理由は簡単だ。

 

物語が終わってしまえば、再び生き返ることがない。

 

中途半端でもいいから、このままで「続く」としておきたいと、私は心のどこかで思っているのだろう。
終わりのないドラマにしておけば、いつまでも夢の中を彷徨えるのだから。

 

 

 

どうしようもなく眠れない夜に、身体の髄まで酔いしれてしまったならば、書き出すことが出来るのかもしれない。
静かな夜が、あらゆることを思い出させてくれるという、魔術に似た力をくれるような気がする。

 

Tags:見つめる 勇気

 

| 2007-05-03 18:31 | 深夜の自画像(詩篇) |

« 失くしたものなど 甦った試しも無い | トップページ | 終楽章ふたたび »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

(追憶) 鳥のひろちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終楽章が書き出せない:

« 失くしたものなど 甦った試しも無い | トップページ | 終楽章ふたたび »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト