令和元年

  • アジ(17日)
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 古い手紙の下書きから | トップページ | 久々の駅待合せ白墨の、伝言板今はなくなり »

2010年9月23日 (木曜日)

帰り際いつもあなたに言いそびれ

言いそびれ。

そう、
言いそびれたままで、ほったらかしにしたことや
諦めてしまったことがいくつかある。

まあいいか。

+

はてさて
私はかの人に何を言いそびれたのであろうか。

まさか、好きです、ではあるまいし、
今度いつ会えますか?でもなかろう。

オトコってこんな別れに何を言うのか。
元気でね、くらいしか思い浮かばない。

+

ところが
月日が過ぎると、

あの夜は満月が綺麗でしたね
僕はあなたとこうして月を見ているときが嬉しいです
などと、嘯いてみたかったかも、などと苦笑する。

+

月は静かに雲をかき分けて空を悠々と泳いでいるように見える。
真冬の月のように高く上がらないから
秋の月はいつまでも見上げておれる。

雲に隠れたときに引き上げればいいものを
また出てくるのを待っている。

そう。
私は待っているのだ。

« 古い手紙の下書きから | トップページ | 久々の駅待合せ白墨の、伝言板今はなくなり »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰り際いつもあなたに言いそびれ:

« 古い手紙の下書きから | トップページ | 久々の駅待合せ白墨の、伝言板今はなくなり »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31