2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 秋の夜長に考える | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) »

2010年9月19日 (日曜日)

2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (九月)


さようなら、僕の九月と君の九月


雨の朝、あなたの手紙を読み返す

さようなら、僕の九月と君の九月

今は
言葉は
少なめに。

| 2009-09-30 07:50 | 十七音(スピン・アウト) |


ボタンいじり、今夜も月は闇の中


雨がやむ、静けさ噛んでキミを見る

いいえ
ボクの前に
キミはいない。

じゃあ
静けさの中で
ボクが見たものは
何?

---
ボタンいじり、今夜も月は闇の中

| 2009-09-29 20:54 | 十七音(スピン・アウト) |


土砂降りに棘ある花を生けている


土砂降りの、
私をなじるような音を聞いていたら
急にあなたが憎たらしくなってきて

そんな気なんかこれぽっちもないのに
嫌いだよ、キミなんか♪
と、つぶやいてみる。

私の荒れている情熱が
うまく表現できないかと思って
ハサミを入れる。

--
土砂降りに棘ある花を生けている

| 2009-09-28 21:39 | 十七音(スピン・アウト) |


唇を見つめ続ける。遠ざかる


私は眩暈の中にいる。

ぐるぐる。

酔うたように眼が廻る中で
あなたのことだけを思い出そうとする。

小さく優しい眼。
震える唇。

眩暈の中で手を差し伸べる。

あなたは微笑む。
私は酔う。

目は廻り続ける。

あなたの唇も廻り続ける。

| 2009-09-23 22:28 | 十七音(スピン・アウト) |


ねえ少し痩せましたかと聞いてみる


2ヶ月ぶりに会ったら、真っ先に私は、
――髪が伸びましたね
と言い出そうと決めていた。

理由は無い。
ただ、そう言って、無造作そうなお洒落に食いつきたかったのだ。

――痩せた?
――いいえ、太ったくらいです

私たちに話すネタなど何もない。

見つめるわけにもいかないが
眼が合えば、少し大きく呼吸をしてしまう。

ときどきニッコリ笑うのを待ちながら、何を愉しんでいるのだろう。
贅沢な時間が過ぎていった。

山帰来

(熊野古道、馬越峠の麓。山帰来にて)

| 2009-09-22 09:03 | 十七音(スピン・アウト) |


指切りを思い出すたび彼岸花


お隣さんの庭の彼岸花が咲いた。

あの赤は、苦々しい。

 指切りを思い出すたび彼岸花

そう手帳に書き留めた。

そのあとで、

 指切りを思い出させる彼岸花

 さよならを黙って見つめる彼岸花

 またあした黙って見あげる彼岸花

など、派生三首で遊んでみた。

でも
やっぱし

私には、「指切り」がツンと来る。

---

言っておきますが、そんな実話は全然ない。
全てが、私の作ったドラマですから。

| 2009-09-14 19:00 | 十七音(スピン・アウト) |


分度器で貴方との距離を測ってる


分度器で貴方との距離を測ってる

うーん

(十七音コミュにも書きました)
---

4月 15日に

補助線を引けばあなたが見えるかな

と書いた。
あの時は、行き詰って、思考が停止していた。

消しゴムを投げても届く君の席

今は、近くにあるんだけどなあ。

| 2009-09-13 19:23 | 十七音(スピン・アウト) |


ふと秋雨が恋しいの、きみ想う


ふと秋雨が恋しいの、きみ想う

秋雨という言葉が
ついこの間から
頭のなかに残っていて

いったい
私が雨を待っている気持ちは
なんなんだろうと
自分でもわからなくなっていた。

枯れていたのか。
いいえ
苛めたいのか。
いや、それも違う。

では、
と考え続けていた。

処女をなくした女が
酒の杯を手に
そこにいたら
私は狂喜してしまうかもしれない。

| 2009-09-09 21:21 | 十七音(スピン・アウト) |


ほんとうはあなたが好きです、いわし雲


空を見てると
好きだといいたくなるよなあー

そんなこと
思っている間に
日が暮れる。

| 2009-09-08 21:26 | 十七音(スピン・アウト) |


親指が背中の嘘を炙り出す


またもや、Pさん@GREEから

> 嘘つきを人差し指で黙らせる

この頃、powさんの感覚というのが
目まぐるしく私に接近してきたのか

それとも
表現方法とか作風が、悪さっぽくなったのか

はたまた
前から持っていたツメを隠さず出しているのか。

---

言葉で遊んでみると

親指が背中の嘘を炙り出す

なんて書いてみたくなったわ。

| 2009-09-07 07:47 | 十七音(スピン・アウト) |


秋の月、影を引く君のうしろ姿


GREEで、Pさんが書いたものに、十四音を続けてみた。

>月のあかるさが痛々し 破れたこころ
そのうつむきが隠すいざよい

--

月は、十五夜お月さんが終わると日に日に小さく欠けてゆきます。欠けるというより、萎んでゆく。

◎ 十六夜。
いざよい。

欠ける月、いざ酔いしれて君想う

◎十七番目の月
立待。
たちまちの月という。

あなたは来ぬかと立って待つ。
まさにその心境ですね。

◎十八番目の月。
居待ちの月
いまちの月。

居て待つ。
やはり、月が出るのを待つ気持ちは、欠けてしまってゆくものであろうとも、名残惜しい。
早く会いたい。

◎ 十九番目。
寝待の月。
ねまちの月。

寝床に横になって東の窓を開け放って空を見ると
まだまだ明るい月が出ています。

昔の人は、殆んどの家庭で間違いなく、明かりを消して見上げたことでしょう。テレビも無く電気もない。書物もない。

◎ 二十日の月。
更待月

このあたりになるとやはり寂しさが隠せなくなる。
でも、また再び満ちてくるわ、と楽天的になるしかない。
もちろん、三日月になったら、それはそれで風流だ。

9月のころの月の高度は、50度程度です。
それが10月になると 57度。
11月の満月のころは、70度を越えます。
真冬の月は85度まであがるので、殆んど真上にある感じです。

 秋の月、影を引く君のうしろ姿

そんな風情が中秋のころにはありますね。

| 2009-09-07 07:35 | 十七音(スピン・アウト) |


露草やきのうの恋を呼び覚まし


露草やきのうの恋を呼び覚まし

---

朝、道ばたで
鮮やかな青い花を咲かせた
露草を見つけた。

やがて
農家の誰かに刈り取られてしまうのかもしれないが
私は
その、光り輝く雫を
しっかりと見た。

静かな
秋の朝の
一瞬のことだ。

| 2009-09-03 21:46 | 十七音(スピン・アウト) |


君の道、ススキがひょいと澄ましてる


エレベーターの前の花台に
誰かが花を生けてくれているのですね。
それが誰かはわからないけど
僕はそれを楽しみにしています。

あなたが花に手を差し伸べていたときの姿がとても印象的です。

素敵過ぎて声を掛けられず柱の陰で見てたもんな。
(ちょっとウルッと)

あなたの道。
僕はあなたと何度もすれ違った廊下を
「あなたの道」と思ってみたかったのですかね。

きょうも

今週になってススキが生けてあるのを
見ていて

君の道、ススキがひょいと澄ましてる

と、ノートに書いた。

| 2009-09-02 20:58 | 十七音(スピン・アウト) |


月はひとり、星は二人で見上げたい


秋か。
月がまん丸になってきてる。

月はひとり、星は二人で見上げたい

秋を語れば
お酒が幾らあっても
足りなくなる。

| 2009-09-01 21:04 | 十七音(スピン・アウト) |

« 秋の夜長に考える | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49495038

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (九月):

« 秋の夜長に考える | トップページ | 2009年(平成21年)十七音・スピンアウト (五月) »