2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 銀マド・十七音 2007年篇 (日記系セレクションから) | トップページ | 福永武彦のこと 銀マド(日記系セレクションから) 2009年篇  »

2010年9月15日 (水曜日)

銀マド・十七音 2008年篇 (日記系セレクションから)


母の日や人生重たし母軽し

母の日や人生重たし母軽し ねこ作

今ごろになって、
「できること…ないかなー」
と。

| 2008-05-11 16:07 | 日記系セレクション |


プチっと

ケータイのメモリをミスで消してしまった友人。
その人へのコメントの一部から。

-*-

時にはプチっと切ってしまいたくなるよね。
そこで

◆突然にプチっと切ってみたくなる ねこ作
◆人生をプチっといってみたくなる ねこ作

-*-

(自分に)

大事なものなんて
そうザラにあるもんじゃないよ。

命だって家族の命だって
やがては消えてしまう。

じゃあ何よって
生きてきた姿と思想を
伝説のように歴代に残せるようになるべきだったなあ
って、今更ながら思う。

先代もその先代も…ずっと素晴らしく偉大な人だったと母から聞かされてきた。
私もその語りの一篇に入れるように生きてきたか、というとノーだな。

(しかしながら、私も語り継ぐ一役を担っているのだな…)

| 2008-06-02 19:02 | 日記系セレクション |


書肆の灯にそぞろ読む書も秋めけり

久女がこんなふうによんでいる。

さて、私が今度本棚から出してきたのは何でしょうか。

春の夢(宮本輝)でした。

通勤時間が一日で一番楽しい。

| 2008-08-27 19:51 | 日記系セレクション |


こんなよい月を一人で見て寝る 〔尾崎放哉〕

尾崎放哉は、
いつ頃の月を見上げていたのだろうか。

きっと、それは満月だったのだろう。

月が恋しい。
人が恋しい。


おっと、
それは欠けゆく
不安定な形の月だったのかも知れないぞ、
とふと思う。

秋とは
雨が降っても
憎めない季節だ。

| 2008-08-30 09:42 | 日記系セレクション |


初さんま焼く菜箸に火が移り (大野朱香)

大野朱香さんの句集『一雫』より。

 初さんま焼く菜箸に火が移り


長谷川櫂さんの「麦の穂」(中公新書)をパラパラ読んでいてこの句を見つけた。

とっても嬉しい収穫。
この句に感動して、ルンルンな帰り道。(ルンルンは死語)

もう何も書かなくてもいいわ。

| 2008-09-01 18:46 | 日記系セレクション |


亡きこと思う

きょうの午後、坪内稔典さんのHPにふっと立ち寄ると

◎ 亡き人の亡きこと思う障子かな 宇多喜代子

という句を「日刊この一句」で紹介しておられるのを読んで、私の心の中の障子がふるえた。


「亡きこと思う」・・・・

じーんとくるではないか。やられた。

| 2008-11-24 16:00 | 日記系セレクション |

« 銀マド・十七音 2007年篇 (日記系セレクションから) | トップページ | 福永武彦のこと 銀マド(日記系セレクションから) 2009年篇  »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49455940

この記事へのトラックバック一覧です: 銀マド・十七音 2008年篇 (日記系セレクションから):

« 銀マド・十七音 2007年篇 (日記系セレクションから) | トップページ | 福永武彦のこと 銀マド(日記系セレクションから) 2009年篇  »