« 裏窓から。8月篇 | トップページ | 9月の下旬にキャンプしようか »

2010年8月24日 (火曜日)

KLE13年目に突入 ─ 車検パス

無事に23日に車検にパスしましたので報告します。

▼バイクが古いので、車検にパスしないのなら廃車と決めていました。というか、無理やり高いお金を払ってまで車検を通しても乗る機会もないだろうから、自己責任で整備を続けてもうしばらくだけ乗ろうというのがバイクへの最後のいたわりと考えました。

▼費用が安く済むのはあちらこちらに書いてあるとおりですが、車検というからにはきちんと検査をします。検査要項について整備を十分にし、これからもしっかり乗るつもりでいるなら、行きつけの整備屋さんにお願いして車検要項についてチェックをしてもらい、怪しい箇所や不安なパーツは自己判断で対処するのがいいでしょう。単に安く上げるというだけではなく自分の大事なバイクですから。

▼車検代行とか整備点検という費目に2万円から4万円ほど掛かります。私がこれまで預けていたメグロのオヤジさんは2万2千円でしたし、大して見なかったかもしれないけど、バイクの修理状況や調子などを日常の対話からカルテとして頭に入れてくれていたし、適当に勘が働くので適切なアドバイスがもらえましたから、2万2千円で車検を頼んでもよかったなあ。残念ながら店を閉めてしまったから、自分で行かざるを得なくなった。

▼まず先に保険と税金を払っておく。書類は事前に購入して家で記入しておく。その辺が大事ですが、一番大事なのは整備記録簿に記載されている項目は実際に自分で確認しておくこと。これは、もしもこれから2週間のツーリングに出る前なら必ずすることですから、やらねばならない。

▼光軸と光量が心配でしたが、これはあっさり通過できました。ダメなら近所の予備審査場(という調整屋さん)に行くつもりでしたが、通ってしまったので事なきを得た。

▼しかし、ナンバープレートのテールランプの電球が切れていて1回目の検査で不合格。でも、横からラインに入れてくれて悪かったポイントだけを再検査をしてくれます。そこで、最後までひととおりの検査を終えてラインを出て、予備審査会社に相談に行ったら、「自分で電球はずして確認しなさいな、電球が在庫にあれば売ったるから。100円」、ということで幸運にも簡単にライン復帰が出来幸運でした。

▼ついでですが、役所の担当の皆さんは、漏れなくみなさん、応対が素晴らしい。丁寧で親切です。陸運局を随分と見直しました。(当県)

« 裏窓から。8月篇 | トップページ | 9月の下旬にキャンプしようか »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

バイクと旅と昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49239963

この記事へのトラックバック一覧です: KLE13年目に突入 ─ 車検パス:

« 裏窓から。8月篇 | トップページ | 9月の下旬にキャンプしようか »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ