2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ちょっと立ち寄った古本屋にて (昔に書いた向田邦子) | トップページ | 向田 邦子 思い出トランプ »

2010年7月28日 (水曜日)

向田邦子 父の詫び状  (昔に書いた向田邦子)

(昔に書いた向田邦子)
| 2009-06-12 21:04 | 読書系セレクション |


父の詫び状
文藝春秋
向田邦子

-----

決して
忘れかけた昭和、などという安易な言葉で済ませて欲しくない、そういう時代を邦子さんは生きていた。

戦争がもらした国民全体の不幸。それを大きく引きずりながら、多くの人が貧乏を共にしていた時代に生きて来た人だ。

私の母が昭和六年生まれで、私が昭和三十二年生まれだから、向田さんのこのエッセイは、まさに私の母が私に対して言い残した説教であり呟きであるのだ。

人間味が溢れる数々のひとときに、私は自分の子どものころを思い出し、母から聞かされた戦後の想像の景色や暮らしを思い浮かべている。

特に、地球環境のことを仕事にしていますので、現代人の「豊かさと満足度」についての考察が何年も続いているのですが、「鉛筆を削る音」に関する思いや「よそ行きの服」の話題が出ていると、現代人の意識改革も或る意味では必要ではないかと言いたくなる。

向田さんの文章は着飾ったものでもなんでもなく、文学的なものでもないのですが、男っぽいカラリとしたなかに歌舞伎でいう見得を切ったような、うしろ姿を見てくれ!みたいなところがあって、好きです。

ああ

この方が、私が青春時代に、欠かさず見た連続ドラマなどのシナリオを書いていたんだ。知っていましたし、私もシナリオ書きになれるような才能があったらなあというような憧れを抱かせてくれた人だったと思う、

こうしてエッセイを、何と今頃になって読んでいる私が、懺悔のしようもない出遅れ者のように思えて恥ずかしいです。

昭和30年代のあらゆる出来事を、疎かにしてはいけないのだと、自信を持って言って良いのだ!と向田さんが仰っているような気持ちになります。

父をなくした五十歳ほどのオヤジにオススメします。
泣かないように読んで下さい。

先日から通勤列車の中で読んでいました。

列車が揺れるので、ペンを持ってメモを書き出すのに苦労しました。
じっくりと読むことオススメします。

少しお歳をお召しの方々に。

« ちょっと立ち寄った古本屋にて (昔に書いた向田邦子) | トップページ | 向田 邦子 思い出トランプ »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48995108

この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子 父の詫び状  (昔に書いた向田邦子):

» 向田邦子 夜中の薔薇 [- Walk Don't Run -]
感想は、写真をクリック 平成25年10月28日購入 向田邦子を読んでいます。飛び切り古いものを買ってきました。飛行機事故で亡くなられたのが1981年8月22日ですので、その2年余りあとに文庫化された「夜中の薔薇」という作品です。 向田さんは昭和4年生れでわたしの父や母と2歳違いです。それだけに、記述の内容の隅々までが、父や母の、特に母の呟きやボヤキ、ため息と共振していて、わたしに迫るものがあります。 エッセイは、20歳代から50歳に至るまであらゆる日常のことに触れていて、30年前にわたしを育ててくれ... [続きを読む]

« ちょっと立ち寄った古本屋にて (昔に書いた向田邦子) | トップページ | 向田 邦子 思い出トランプ »