M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« それは広くて深い湖の底に沈んだ泥に埋もれた宝石箱を探すようなものだ  [第62話] | トップページ | 廊下と老化、のあとに考える »

2010年7月19日 (月曜日)

廊下

廊下

廊下と打って老化と出て苦が笑い

---
廊下の写真がケータイの中に残っている。

私はこの廊下を見て、どういったところに魅力を感じたのだろうか。じっと収束してゆく廊下の突き当りを捉えて、時間との対比を思い浮かべたのだろうか。

それとも、異空間から忍び寄るような白い光に、急激な時間の変化とそのあとの刹那的な静けさに美しさを見たのか。


廊下は、静かにそこに続いていた。
どこへ行くのだろう。


教室には人影もなかった。
春のある一日のことだった。

(思いの続きは、またそのうち)

« それは広くて深い湖の底に沈んだ泥に埋もれた宝石箱を探すようなものだ  [第62話] | トップページ | 廊下と老化、のあとに考える »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48912786

この記事へのトラックバック一覧です: 廊下:

« それは広くて深い湖の底に沈んだ泥に埋もれた宝石箱を探すようなものだ  [第62話] | トップページ | 廊下と老化、のあとに考える »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31