2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« うつむいて季節はずれの寺の道 [第15話] | トップページ | 木枯らしがステンドグラスを揺する夜 [第17話] »

2010年7月 2日 (金曜日)

晩秋の一番星は願い星 [第16話]

2005年 11月 02日

実は鶴さんのことはあれだけ愛しておきながら何も知らない。血液型や誕生日だって曖昧だ。

高校時代に合唱部だった、大学時代にバスケ部だった。
お父さんがお医者さんだったけど既に亡くなっていなかった。
それくらいか。

僕たち、

深夜に長電話をして、
月に何度か、銀座で長い夜を過ごし、
休日の早朝から鎌倉に出かけたりした
…くらい。

映画をみたり音楽を聴きに出かけたことさえ一度もない。
好きだというわけでもない。
名前で僕を呼んでくれるわけでもない。

銀座の街の中を二人で歩いた。
冬が近づいているというのに私にはお洒落をするような服もなく、いつ洗ったかさえわからないようなタートルネックとクシャクシャのトレンチコートがあっただけだ。
そのみすぼらしさについても、鶴さんは何も触れなかった。

僕の話に、
いつも相槌を打ってくれる友達だったのだ。

« うつむいて季節はずれの寺の道 [第15話] | トップページ | 木枯らしがステンドグラスを揺する夜 [第17話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48776491

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の一番星は願い星 [第16話]:

« うつむいて季節はずれの寺の道 [第15話] | トップページ | 木枯らしがステンドグラスを揺する夜 [第17話] »