Days 令和元年 足跡

  • 7月17日はカレー
    令和の足跡

M's Zoom

  • 鯖の頼り(5月27日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 森へ - たくさんのふしぎ傑作集 -  星野道夫 文・写真 | トップページ | 桜の花の散る四月に [第32話] »

2010年7月 4日 (日曜日)

陽がさしてきた

JR

日曜日のJR。
ひとり、学生さんが乗っているだけ。
クラブに行くためのジャージを着ていた。

陽がさしてきた。
きのう、たんまりと降ってきょうも雨かと思ったけれど

雨があがれば、
濡れてつまらなかったときのことは忘れてしまう。

人生もそんなモノかもしれない。

--

高速道路が無料になってるんだって。
アタマに来ることだってあるさ。

タダはよくない。たとえ十円でも取らなきゃ。
その金を、困ってる人に使えばいい。

だったら、十円ではなく、百円で、困ってる人と病んでいる人に分ければいい。

じゃあ、百円じゃなく、二百円で、地球温暖化のストップのために使おう。

それなら、五百円で。

どうして
そういう話を
誰もしないのだろうか。


« 森へ - たくさんのふしぎ傑作集 -  星野道夫 文・写真 | トップページ | 桜の花の散る四月に [第32話] »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽がさしてきた:

« 森へ - たくさんのふしぎ傑作集 -  星野道夫 文・写真 | トップページ | 桜の花の散る四月に [第32話] »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31