令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« I Can't Get Started・・・合唱部のこと [第18話] | トップページ | 終列車ふりむく君のあどけなさ [第20話] »

2010年7月 2日 (金曜日)

ハイヒールこつこつ響く別れまで [第19話]

2005年 12月 11日

私は覚悟をしている。
この人とは年が明けたらお別れなんだということを。

「兄じゃダメなの、母を看るのは私でなきゃ・・・・」
口癖のようにいつもそう言う。
そのときの目を彼女は決して私に見せなかった。

銀座のメインストリートにクリスマスソングなど流れていない。
オフィスビルからスーツ姿で吐き出される男や女。
思い思いに雑踏へとまみれてゆく。

私も彼女と並んで
腕を組むことなく
どこに急ぐわけでもなく
歩いた。

ハイヒールの靴音が脳裏に残る。

私がハイヒールが嫌いなのは
あの時の音が蘇えるからなのかもしれない。

« I Can't Get Started・・・合唱部のこと [第18話] | トップページ | 終列車ふりむく君のあどけなさ [第20話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイヒールこつこつ響く別れまで [第19話]:

« I Can't Get Started・・・合唱部のこと [第18話] | トップページ | 終列車ふりむく君のあどけなさ [第20話] »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31