2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 廊下と老化、のあとに考える | トップページ | きょうの夕焼け悲しいほどに綺麗で »

2010年7月21日 (水曜日)

武田百合子、富士日記

ふとしたコトで、この本に出会う。

一気に最後までは、読まないだろうし、読めないと思うが、ぼちぼち読もうと思う。

富士日記 富士日記 富士日記

とても面白い。
いい本だ。

さすが、武田泰淳の奥さんや。

字が見えないので、メガネが欲しい。


トラックバックをたくさん貼ってますので飛んで行ってみてくださいね。

« 廊下と老化、のあとに考える | トップページ | きょうの夕焼け悲しいほどに綺麗で »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48930932

この記事へのトラックバック一覧です: 武田百合子、富士日記:

» 富士日記 少しずつ [- Walk Don't Run -]
武田泰淳の奥さんの武田百合子;富士日記 少しずつ読んでいる。 図書館への返却日が近づいているが、延長間違いなしってことで、ゆっくり読んでいる。(通勤列車のお供) 昭和41年の、近所の子どもにあげるお年玉が、2百円であったり、エンジンを手動でかける苦心をしていたり、梅崎春生が病で倒れたり。 年賀の切手が5円であったり。 食べ物もすこぶる質素だ。... [続きを読む]

» 武田百合子 富士日記(上巻) [- Walk Don't Run -]
武田泰淳の奥さんである武田百合子の書いた富士日記(上巻)を読む。 ネットでこの本の存在を知り、武田泰淳の奥さんというだけで興味がわき、どんなことが書いてあるのか野次馬的に読んでみようとしたのが始まりだった。 日記であるから、日々の出来事が書いてあるに過ぎず、書いている人(作者)もそこにドラマを作り出そうとか、後になってから本にして売り出そうと考えているわけではなかろう。まして武田泰淳が逝ってしまうまでを綴るものとなるなどとは考えていないのではないか。 読み手のほうが、書いてはいけないような禁句や個人... [続きを読む]

» 富士日記の読後日記(追) [- Walk Don't Run -]
日記には、つまらないメモを残す。 そのメモが生きてくる日を待つ。 --- 立秋が過ぎて 少し涼しい日が続いたか。 福永武彦の 風土 を読みながら、武田百合子の富士日記も読む。 やってごらんなさい。 文学というものに目覚めるから。 大嘘... [続きを読む]

» 富士日記(中巻) まだ、読んでる [- Walk Don't Run -]
富士日記 8月10日のブログにも上巻レビューを書いた。 (追記分) あれから、まだ中巻を読んでいる。 全然焦らない。 休んだらまた歩き出せばいい。 そんなスタンスは大事だ。 武田百合子は、必死だ。 一生懸命に生きている。 自分ではそう思っていない。 だから、惹かれるのかもれない。 -- (富士日記・上巻の感想)... [続きを読む]

» 武田百合子 ことばの食卓 (ちくま文庫) [- Walk Don't Run -]
書きかけです 武田百合子 ことばの食卓 ことばの食卓を読んでいる。 ずっと大事に読んでいる。何度も繰り返して読んでいる。 富士日記を読んでからこの人が好きです。富士日記の感想は、 富士日記 少しずつ 富士日記(上巻) 富士日記の読後日記(追) 富士日記(中巻) まだ、読んでる がすぐ出てくるのですが、図書館で借りたことをとても後悔しています。... [続きを読む]

« 廊下と老化、のあとに考える | トップページ | きょうの夕焼け悲しいほどに綺麗で »