2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ざわめきが消え行く街に星はなく [第12話] | トップページ | 路地裏やネオンのはてにゆく二人 [第13話] »

2010年7月 1日 (木曜日)

冷静と情熱のあいだ

冷静と情熱のあいだ―Blu  辻仁成



私には
「5年先の今夜、どこかの街であなたとこうして夜空を見上げていたいわ」
と言って、約束を交わそうとした女がいた。
その期限が過ぎてしまったあとで、私はこの小説を読むことになる。

読み始めたそのことを、友だちに伝えようとするたびに、何度もタイトルを間違えた。「愛と情熱のあいだ」と言ってしまうのだ。

辻仁成という人に先入観は持っていなかった。しかし、女性がちやほやするのを耳にするたびに、その作品はおそらく甘ったるく、翻訳文のような独り善がりのモノではないかと想像した。だが、私は、これを先入観と言わないから意地っ張りか。

読み始めると、中断してしまうキッカケを探した。面白く無かったよ、といえるだけの理由を探しながら、、、となった。

「約束は未来だわ。思い出は過去。思い出と約束では随分と意味が違ってくるわね」というセリフを盛り込み、自分に何かを言い聞かせているのか。

彼自身がどんな人なのかを知りたいと思わないものの、この言葉の源流はどんな感性から生まれてきたのだろうか。

幾分気取って、詩的にも見える文章の流れに、私の感性を重ね合わせ、作者の普通の顔を想像しながら、変わりゆく小説のなかのシーンに自分をさらけ出すことのできる作品だった。

泣き虫の私が一滴の涙も流さないで読み終えたんだ。中断しなかったんだ。

何度も間違えたけど、読み終えたときには「情熱と…」としっかりと間違わずにいえるようになっている。その意味が爽やかだったからだろうな。
--
| 2006-02-15 23:48 | 読書系セレクション |


レビューの解説篇 冷静と情熱のあいだ―Blu

コメントも戴きましたし、5分か10分ですらすらと感想を書いてしまったレビューだったので、ちょっと不出来となっていそうです。いいんだ。国語は大の苦手科目だったんだから。

で、解説篇。

作品としては面白かったけど、引き潮が海に飲まれてゆくように、感動が静まってくるのです。それはある意味で現実めいた作品だったからかもしれない。もっとドラマティックなものだったら、ありえない夢のような舞台に自分を置いて、いつまでもいつまでも余韻に浸っているのだろうと思うのです。例えば宮本輝作品の読後のように…ね。


> 「5年先の今夜、どこかの街であなたとこうして夜空を見上げていたいわ」
> と言って、約束を交わそうとした女がいた。
> その期限が過ぎてしまったあとで、私はこの小説を読むことになる。

と書きましたが、これはのちほど、たぶん「鳥のひろちゃん」シリーズで書くことになるのだろうと思います。

あまりにも私の心に深い傷を残している事件なだけに、私には他人事とは思えないのだ。悲しい話なんです。
だって小説は巡り逢えて、私は会えないのだから。。。


> 何度も間違えたけど、読み終えたときには「情熱と…」としっかりと
> 間違わずにいえるようになっている。
> その意味が爽やかだったからだろうな。

「爽やか」という表現が適切かどうかわからない。でもね、二人がどうなろうと構わないと思いながら、きっと心は満たされるのだろうと、決め付けてしまっていました。

作者にとって、何でもかんでも「愛」がなければいけないなんていう月並みな表現を避けて、それでいて彼なりに気障じゃなくてはならなかったのかも…。だから、作者のことを、斜めに構えたような気障な野郎だな、と私に思わせておきたかったのか。

それでいて実は大して気障でもなかったし、文章もとろけるように私をめろめろにさせてくれるものでもなかったから、「冷静と…」というようところでテンションが当たってくれるのかもしれない。

仁成。いつか、読もう。そう思っています。今度は一番の自信作を読ませてくださいね。>辻さん

さて、
江國さんの小説は、まだ1冊も読んだことが無い。どんな理由をつけて中座しようか…と微かに思ったりしてる。理由はあるんだ。


| 2006-02-16 19:00 | 読書系セレクション |

« ざわめきが消え行く街に星はなく [第12話] | トップページ | 路地裏やネオンのはてにゆく二人 [第13話] »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49820549

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静と情熱のあいだ:

« ざわめきが消え行く街に星はなく [第12話] | トップページ | 路地裏やネオンのはてにゆく二人 [第13話] »