M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 8  [第46話] »

2010年7月 7日 (水曜日)

幻の旅 ―東北― 7  [第45話]

2007年 01月 05日

幻とはいったどういうものをいうのだろう…。
そんなことを考えながら、あの日の朝を思い出している。

---

私は、郡山市から北に向かって旅立った。

過去の人生における或る一時期の私であったら、彼女と別れたことでおおよそ投げ槍になるか、または絶望に陥り、旅をキャンセルしてしまっていたに違いない。

しかし、あのときには若さがあったし、野望もあった。揺るぐことのない人生のビジョンを描いていた自信のようなものが私の心を支えていたのだ。

旅を続けねばならない、と考えたのではない。
自由に未知なるモノを探し求めて、身体の何処からか湧き上がってくる好奇心に逆らうことなく前進をするならば、自ずから旅は続くものであったし、北に向かって然りであった。

彼女の薬局を開店の時刻に訪ねて、その後、私は北へとバイクを走らせた。

続く

« 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 8  [第46話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48817413

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の旅 ―東北― 7  [第45話]:

« 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 8  [第46話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31