« お祈りを覗いてみたいうふふのふ  七月上旬篇 | トップページ | 離散した欠片  [第56話] »

2010年7月17日 (土曜日)

駄々のあと慰めるかのように終列車  [第55話]

2007年 10月 14日

地下鉄の階段をホームへと下りながらどんな会話をかわしたのだろうか。

ラッシュ時よりも人ごみが少なくなったものの、私たちがホームで別れを惜しんでいる間にも、人は増え続けホームを埋め始めていた。

そうか、終電車がもうすぐ来るのだ。

  駄々のあと慰めるかのように終列車  ねこ作

---

電車に乗る前、アナウンスの騒音の中、あの人は無言だった。
なんにも言わずに黙って私を見つめた。

そう、そんな優しいさようならが切ない。

  沈黙がサヨナラせかすシンデレラ  ねこ作

---

時刻は12時を回っていたのだろう。

また明日、また明日、と心の中で繰り返している私は、そこに滑り込んでくる電車のガラス窓に写る自分を見ている。

揺れる意識。
揺れる私の姿。
ブレーキ音を軋ませて止まる電車。
開くドア。

---

シャツのボタン、上から順に
外してみては、またとめてゆく。

「どうするのよって… わからない」

そんなあなたの笑わない顔を、
真正面からゆっくり見つめた。

初めてのこと。
長い夜。

続く

« お祈りを覗いてみたいうふふのふ  七月上旬篇 | トップページ | 離散した欠片  [第56話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48895919

この記事へのトラックバック一覧です: 駄々のあと慰めるかのように終列車  [第55話]:

« お祈りを覗いてみたいうふふのふ  七月上旬篇 | トップページ | 離散した欠片  [第56話] »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ