M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] »

2010年7月 7日 (水曜日)

幻の旅 ―東北― 5  [第43話]

2006年 12月 06日

もう何年も昔のことだが…

師走の京都はしんしんと冷え込んだ。仕事を終えてひとりで歩く。暖かそうな湯気が、暖簾と赤ちょうちんの間から漏れ出てくる店が裏通りにあった。

「明日は雪かも知れんなあ」と帰り際に誰かが呟いていた。そんな冷たく寒い夜に、ちょうちんを指で軽く突付いてガラガラと引き戸を開ける。

店の名前は「鶴さん」といった。

この店の名前がなぜ鶴さんなのか、私はその由来を尋ねたことはなかった。聞かないで大事にしまっておきながら、カウンターでおでんをつまんだ。「鶴さん」と小さな声で口ずさみながら、幻の東北の旅を思い出したものだ。

------

私があの子のことを「鶴さん」と呼んだことは一度もなかった。向かい合って話すときも、あるいは手を引きながらのときも、呼びかける言葉など不要だったのだ。

あの夏も私は呼びかけることは無かった。薄暗い鍾乳洞の中をふたりで歩く。まるでそこは迷い道のようにくねくねと続き、地上の雨のことも忘れて私たちは恋人のように寄り添ってゆく。

地上に出たら雨は上がっていた。そして雨具をたたんで郡山市内へと向かった。

記録を辿っても詳しいことは何もわからない。たったそれだけの道程を朝から晩までかかって走っている。雨に打たれてタンデムで走ったことだけが日記に残っている。

そして日記はこのあと、数行で終わってしまう。

(続く)

« 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48817405

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の旅 ―東北― 5  [第43話]:

« 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] | トップページ | 幻の旅 ―東北― 6  [第44話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31