M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« KLEの車検についての展望 | トップページ | 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] »

2010年7月 7日 (水曜日)

幻の旅 ―東北― 3  [第41話]

2006年 10月 05日

時刻は6時前だったと日記に書いている。7月30日は土曜日だった。鶴さんは、この日は仕事で、電話を入れた時刻にまだ家に帰ってはいなかった。

家庭にはそれなりの予定もあるのだから迷惑になるだろうと考えるのが大人だ。いきなり邪魔をしたら、準備もできないから困ったことでしょう。しかし、会いたい一心だったのだ。

手ぶらで、いきなり電話を入れて、しかも、彼女は不在であったにもかかわらず家に上がらせてもらって彼女を待ちました。お兄さんがいらっしゃって、お母さんと三人で話をしていた光景がかすかに記憶にあります。

日記から
--------
7月30日〔土曜日〕曇り時々雨
6時前だった。家に電話を入れた。
それが家のすぐ前のボックスだったから、知らないって恐ろしい。7時半くらいまで待っただろうか。
彼女は帰ってきてかなり強引に家に泊めてもらうことになった。
夜遅くまで話をしていた。夜というか、朝の5時くらいまで話していた。
--------

このシリーズを書き始めて何度か触れたが、鶴さんと私の会話の内容は私の日記には書かれていない。普段からどんな話を交わしていたのか。もしもその内容に触れるものが残っていたとすれば、ダンボールに一杯あった手紙だけだったのだといえる。
しかし、何をどう判断したのか、どんな事件があったのか、回想するのも悲しいのだが、私はその手紙の束を数年前に…棄ててしまった。
悲しいことに頭の中にも残っていない。こうして日記を読み返していても蘇えってこない。ただただ私は自分の夢を語り、一緒になりたいと言いつづけていたに違いない、と、そう思う。

小さな市営住宅で、一階に台所と居間があるだけの侘びしい家だった。お父さんはお医者さんだったという。でも、小さいころに亡くして、お母さんが大変な苦労の末に兄二人と鶴さんを育てたという。大学まで出すのはさぞかし大変だったのだろう。私はしかし、その本当の苦労を理解できていなかった。

冷房もない部屋だった。畳に座り、ときには膝を抱き、ときには横になりながら、酒を飲むこともなく延々とくどい話をしていたに違いない。時間は情け容赦なく過ぎる。時間が尽きるときの悲しさを想像しても、まだ延々と私は話を続けたのだ。

夜が明け始めて窓が白み始めるころに、少しだけ眠った。

つづく

« KLEの車検についての展望 | トップページ | 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48817387

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の旅 ―東北― 3  [第41話]:

« KLEの車検についての展望 | トップページ | 幻の旅 ―東北― 4  [第42話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31