M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 桜の花の散る四月に [第32話] | トップページ | 9時半・その時刻には… [第34話] »

2010年7月 5日 (月曜日)

五月、京都で… [第33話]

2006年 05月 04日

郵便屋さんがバイクで通りかかるたびにポストが気にかかる日々を過ごしている私に1通の手紙が届いたのは四月の下旬だった。

「五月のお休みに大阪の方に行きます。友だちに会うためです」
たぶんそんなことが簡潔に書かれていたはずだ。そのころの手紙は全て処分をしたし、記憶も微かになっているものの、私は会えないはずのその人にひと目会えるということで跳び上がるように喜んだのは紛れもないことだった。

彼女のいう「友だち」とは、学生時代から思いを寄せている人だった。彼女がくれるそれまでの手紙や電話で、願いは叶わぬものだが心に秘めた人があるという話を何度か聞かされていた。つまり、私はそれを知って、彼女を奪い取ろうと必死になっていたともいえようか。

そんなことはどうだって構わない。あの人は叶わない人でもいい。もう1回だけ会えるなら会いたい。私が京都を案内しよう。花の咲く古刹の庭で、言い残したことのすべてを話してこよう。

私もひと月と少しの間に、少し大人になっていた。冷静というには少し私が可哀相だったが。

そんなわけで、5月になったばかりの休日に彼女を京都駅で迎えることになった。

「時刻は9時半ね、京都駅よ」

そう言って約束し、当日を迎えるのだが、その日の朝、とんだハプニングが起こったのでした。

« 桜の花の散る四月に [第32話] | トップページ | 9時半・その時刻には… [第34話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48801893

この記事へのトラックバック一覧です: 五月、京都で… [第33話]:

« 桜の花の散る四月に [第32話] | トップページ | 9時半・その時刻には… [第34話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31