M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 幻の旅 ― 東北 ― 1  [第39話] | トップページ | 続・KLE修理その後 »

2010年7月 5日 (月曜日)

幻の旅 ―東北― 2  [第40話]

2006年09月24日

若さというものは、素晴らしい。

二十数年の歳月を経たことで、あの時代の自分を冷静で客観的に振り返ることができるからこそ、今、そんなことが書ける。

私は夜明けの京都市内を颯爽と走り抜けた。

+++

天気は良いし、太陽が昇り青空が広がっていた。とにかく信州へ、そして鶴さんの所へ・・・、このことだけを考えての出発だ。だから好天なのが何よりも嬉しい。京都市内を抜けて滋賀県に入る。旧中仙道であるR19に入り関が原方面へと向かう。左側に新幹線のあるところで第1回目のピースサインを交わした。

軽トラのおじさんが信号で止まっているときに「暑いでしょうね、革を着て…でもかっこいいよ。どこまで行くのだい?」と聞いてきた。「北海道に行くんだ。10日間の休みで・・・」と答えて別れてしまう。 

【日記から】
+++

心の中には鶴さんが待っていた…はずだった。しかし、その気持ちを紛らわしながら、乗鞍高原に寄り道をしたり、上田まほろばYHに泊まったり、さらには草津白根道路も楽しみながら、北に向かっている。

家を訪ねても会ってもらえないかもしれない。もしも、会えたとしても願いが叶うわけでもないだろう。会えば必ず別れて帰ってこなくてはならないのだ。それが私には恐ろしかったのだろう。

それでも、北に向かって走った。

1泊目は上田市、2泊目は奥只見。3日目に猪苗代湖を見た。

日記ではそのあとのことを以下のように書いている。

+++

とにかく猪苗代湖に出てみた。海みたいな湖だ。大きいから湖という感じはしない。汐の香りがしないから何となく味が出ない。R252からR49にすでに移っていた。このあたりは磐梯朝日国立公園である。残念ながら一番見てみたい磐梯山には雲が掛かって見えない。猪苗代湖から磐梯山の東側を回って裏磐梯に出た。五色沼に行ってみたが人ばかり。ひとつだけ沼を見て…

(以下略)

+++

雲が掛かって見えなかった磐梯山が象徴するかのように、私の心にも雲が掛かっていたのだろうか。私はこのあと、山を越え郡山市内へと降りてゆく。

まるで神の導きのように彼女の住む町の近くまで、ほとんど何も頼らずに行ってしまうのだ。

雨が降り始める。しょぼしょぼと降り始めるのだが、それもやがて容赦なく大粒の雨に変わる。

<続く>

« 幻の旅 ― 東北 ― 1  [第39話] | トップページ | 続・KLE修理その後 »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48801944

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の旅 ―東北― 2  [第40話]:

« 幻の旅 ― 東北 ― 1  [第39話] | トップページ | 続・KLE修理その後 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31