M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ハイジのような人 [第22話] | トップページ | 横須賀線…  [第24話] »

2010年7月 3日 (土曜日)

濡れている姿霞める春の雨 [第23話]

2006年 02月 25日

無性に
鶴さんシリーズの続きを書きたくなってくる。

 濡れている姿霞める春の雨    ねこ作

ああ、きょうは、冷たい雨やった。
続きを書く時間がないのは、ありがたいことなのかね。
まるで、恋心が募るようだな。。。

そう、2月20日に日記に書いている。

++

そして、

ねえ、みなさん!
雨に霞むその向こうに
いとおしい彼女が雨に濡れているんだよ。
走ってそこまで行きたいけど
もう、逢えない人なんだよ。
何と悲しい。

ねえ、キミ。失恋したことある?

なんて。ね。

そう、4日後に書いた。

++

ゆうべ、枕元にあったカレンダーの裏に
ボールペンで色々と思い出したことを書いていた。
こんなものを書いていたら眠れないぞ、と心配したけれども、眠ってしまった。

眠ってゆくときは、幸せかもしれないけど、
死んでゆく瞬間となんら変わりないのかもしれない。
そんな死に方なら幸せかもしれないと思うものの、
生き返れないのは哀しい。

「鶴さん」の続き、
また書き始めるけど
終焉が近いことで、自分に少し躊躇いがある。

« ハイジのような人 [第22話] | トップページ | 横須賀線…  [第24話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48784929

この記事へのトラックバック一覧です: 濡れている姿霞める春の雨 [第23話]:

« ハイジのような人 [第22話] | トップページ | 横須賀線…  [第24話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31