2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 川崎徹 石を置き、花を添える | トップページ | 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] »

2010年6月30日 (水曜日)

ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話]

2005年 04月 24日

ヒッチハイクをしながらやっと小樽駅まで辿り着いた。陽光はすっかり暮れていた。

さて彼女をもっと知りたいと思案に暮れた私は、葉書を一枚買って出そうと決めた。

「北海道中央バス余別終点の売店でバイトをしていた女の子様へ」と宛名に書きポストに投函した。

行くあてのないさすらいの旅。金もないしこの日の宿のあてもない。そのまま夜汽車に乗って最果ての街、稚内まで揺られることにした。

2週間あまりの旅が始まる。

(続)

« 川崎徹 石を置き、花を添える | トップページ | 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48755658

この記事へのトラックバック一覧です: ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話]:

« 川崎徹 石を置き、花を添える | トップページ | 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] »