2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 終バスを見送る二人のあかね空  [第6話] | トップページ | ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] »

2010年6月28日 (月曜日)

川崎徹 石を置き、花を添える

川崎徹 石を置き、花を添える



♪雨降りお月さん雲の蔭

そんなマイナーな歌がふっと頭に浮かんだ。
雨がしとしとと降っている印象もあるし、ぎらぎらと太陽が照り付けていた記憶もある。

六月は複雑な思い出をたくさん持っている。

終わってゆく六月を振り返ると、
こんな本のレビューを書きたくなる。

--

石を置き、花を添える
川崎 徹
講談社
\1,680


とても、川崎徹さんが書いたとは思えないのだが、文章の節々に雰囲気は出ている。

題名に惹かれます。
だから手に取る。

ぼんやりと読み続けて、何気ない話が次々と移ろうだけで、とりわけ強烈な印象も残らずページは繰られてゆく。

シンプルな装丁で、味わいのある作品。

ぽかーんとしたものが残った。私にしたら異色だった。

-----

そうだ!
司馬遼太郎記念館で「坂の上の雲」の企画展示やってるらしい。(未確認)

行ってみようかな。


| 2009-06-28 10:00 | 読書系セレクション |

« 終バスを見送る二人のあかね空  [第6話] | トップページ | ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49820623

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎徹 石を置き、花を添える:

« 終バスを見送る二人のあかね空  [第6話] | トップページ | ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] »