M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 翼をください [第3話] | トップページ | 京都の秋の夕暮れは  [第5話] »

2010年6月27日 (日曜日)

二人して流星になる [第4話]

2004年 09月 02日

美濃から飛騨へ、
そして信州を抜けて、六十里越をひたすら走り、
福島県郡山方向を目指した。

奥只見付近で日が暮れた。
大きなダムのすぐ下流にある鄙びた村だった。
ダムから谷底の村へと下降しながら村の明かりが見えた記憶は無いが
私の心は、これから再会するその子と共にあった。

何故に遠くまで来てしまったのだろうという後悔や自省の念はまったく無かった。

磐梯山を仰ぎ見ながら猪苗代湖畔を駆けてゆく自分の姿を夢に描きながら、
鄙びた村の片隅で夜空を見上げてビールを飲んだのを記憶している。

-----

星が瞬きだす
私たちは大空を彷徨う流星なのかもしれない

« 翼をください [第3話] | トップページ | 京都の秋の夕暮れは  [第5話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48731638

この記事へのトラックバック一覧です: 二人して流星になる [第4話]:

« 翼をください [第3話] | トップページ | 京都の秋の夕暮れは  [第5話] »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31