M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 大都会しんと静まる暑い夜 [第11話] | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

2010年6月30日 (水曜日)

ざわめきが消え行く街に星はなく [第12話]

2005年 06月 15日

地下鉄丸の内線で通学してましたので銀座までは乗り越しで行けました。

大人たちの雑踏に揉まれながらソニービルの前で待ちます。

約束の時刻は過ぎます。

そこに居る誰もが恋人を待ち続ける人で、しょぼい学生の私は、コツコツと音を立てて歩く大人の靴の足音の渦に巻上げられて潰されそうでした。

まだ待ちます。顔ぶれが変化してゆく中で時間は無音に過ぎる。

予感とは動物的です。ひとりの女性と視線が合って止まった。じっと動かない。

----

【後記】

続篇。久々に書きました。

休日なので、のんびりと玄関先に出て雨の降るのを眺めておりました。山茶花の新芽やあじさいの葉、その他、雑草が雨粒に打たれています。なかなか風情があります。

遠い昔に、雨に打たれて歩いた街が懐かしくなって、重いペンを持ちました。

----

まだまだ、続く。
62回まで。

« 大都会しんと静まる暑い夜 [第11話] | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48755698

この記事へのトラックバック一覧です: ざわめきが消え行く街に星はなく [第12話]:

« 大都会しんと静まる暑い夜 [第11話] | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31