2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] | トップページ | 1通の手紙で祭りが終いなり [第9話] »

2010年6月30日 (水曜日)

夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話]

2005年 04月 24日

手紙の投函は意外とあっさりと忘れて私の旅は続いた。

釧路の大地を走るディーゼルカーの中で相席になった女子高生に「○◇△大学ですか?プロポーズ大作戦に出して!別海町の小林商店です、1軒だけだから」と言われたこともあった。ヒッチハイクの旅はスリルに満ちた必死の旅だった。

しかしある日急に私を寂寥感が襲った。「あの漁村にもう一度」という想いがありながら、私は夜汽車で大地を離れる。

もう逢えないだろうな…(続)

« ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] | トップページ | 1通の手紙で祭りが終いなり [第9話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48755666

この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話]:

« ときめきを胸に夜汽車は北へゆく [第7話] | トップページ | 1通の手紙で祭りが終いなり [第9話] »