2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] | トップページ | ダイアルの音が余韻に消える夜 [第10話] »

2010年6月30日 (水曜日)

1通の手紙で祭りが終いなり [第9話]

2005年 04月 24日

旅の思い出はどっしりと重く、早朝、夜行列車は上野駅に着きました。衣類は汚れ、髪はボサボサ、新調したズック靴はボロボロでした。これが貧乏旅の象徴でした。

半月ぶりに我が家に戻り玄関をあけたら1通の手紙が置いてありました。4年間でダンボール箱一杯になった手紙の第1通目でした。

このあと、一度も北海道を訪れず、4年という歳月を経て東京で再会を果たします。そして、つらい別れ…。

(まだ続く…、苦笑)

« 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] | トップページ | ダイアルの音が余韻に消える夜 [第10話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48755672

この記事へのトラックバック一覧です: 1通の手紙で祭りが終いなり [第9話]:

« 夕焼けや想いが胸に突きあがり [第8話] | トップページ | ダイアルの音が余韻に消える夜 [第10話] »