M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« どうして「居酒屋・鶴さん」なの? [第1話] | トップページ | 翼をください [第3話] »

2010年6月27日 (日曜日)

ふたりでドアを閉めて [第2話]

2004年 08月 15日

---- ここでお別れね。あなたはきっと立派になれるわ。信じてる。

北陸方面への特急列車がホームに入ってくるなかで、
その子はそれを言うだけが精一杯だったのだろう。
黄金週間が終わる京都駅は人人人で、ごった返していた。

私は、米原に発つというその子を見送るために、居た。

朝から目まぐるしく時間が過ぎた。
車のラッシュでまったく時間通りに来ないバス。
待たせたまま何十分もの時間が過ぎても私は京都駅に迎えに着けなかった。
それでも、私が必ず来ると待ち続けたあの人。

東京で新幹線に乗り込むのを見送ってくれた。
あの別れから僅か1ヶ月半の時間が過ぎただけなのに、
もう何年も会わなかったかのような錯覚におちいっている。

--- 待たせたね
と言い出したのか。それさえも記憶に遠い。

--- ううん、きっと来ると信じてたし
と答えたのかどうか。

何処をどのように連れまわしたのだろう。

返したくない。このまま京都の私の部屋に誘拐してしまいたい。
そんな強烈な衝動を何度も抑えながら1日を過ごした。

あの子はあれから何処に行って、どうなってしまったのだろう。
記憶の中で、時計は止まったままだ。

心の中からも名前は消えて
その時心は何かを

無言になるのだろうか

« どうして「居酒屋・鶴さん」なの? [第1話] | トップページ | 翼をください [第3話] »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48731617

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりでドアを閉めて [第2話]:

« どうして「居酒屋・鶴さん」なの? [第1話] | トップページ | 翼をください [第3話] »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31