2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 京都の秋の夕暮れは  [第5話] | トップページ | 川崎徹 石を置き、花を添える »

2010年6月27日 (日曜日)

終バスを見送る二人のあかね空  [第6話]

2005年 04月 24日

1977年夏の北海道でした。

積丹半島の終点のバス停でひとりの女の子に出会った。

とても素敵な子でバス停前の売店でバイトをしてるその子に私は一目惚れ。

最終バスが出てもなおも彼女と話し続けます。
日が暮れた半島をヒッチハイクで小樽まで帰って、でもどうしてももう一度逢いたい。そう思って…。

それから4年後の夏、東京・高田馬場の駅前で再会します。

長いドラマがありました。
でも壮絶な失恋劇の始まりでもあったのです。(続く)

« 京都の秋の夕暮れは  [第5話] | トップページ | 川崎徹 石を置き、花を添える »

(追憶) 居酒屋・鶴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48731649

この記事へのトラックバック一覧です: 終バスを見送る二人のあかね空  [第6話]:

« 京都の秋の夕暮れは  [第5話] | トップページ | 川崎徹 石を置き、花を添える »