2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 氷結の森 (熊谷達也) 読了記録 | トップページ | 万城目学 鴨川ホルモー »

2010年4月21日 (水曜日)

苛立ちも今なら許せる穀雨かな

2,3日前、季節外れの冷え込みから開放された日があった。

雨が降りそうで、まだ降らないという中途半端な朝で、いつもならそういう天候が許せないところだろうが、その温い風がやけに心地よかった。

温い。温るいと送るとわかりやすいかもしれない。

温いは、温くい、と送ることもできるが、私は今、お茶が冷めたときに舌を優しく、人によっては不快に潤すあの温るい雨の降り出す直前が気に入ったのだった。


冬の寒さが、少しずつ人々の心を魔法にかけたように春になじんでゆき、やがて忘れられていってしまう。こんな寒い季節など来なくていいのに、と毎朝思っていたほんの一箇月ほど前が嘘のようだ。


そう。
人の憎さも
愛らしさも

時がたてば嘘のように消えていってしまう。

穀雨はその儀式をするための禊の雨かもしれない。

« 氷結の森 (熊谷達也) 読了記録 | トップページ | 万城目学 鴨川ホルモー »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/48142259

この記事へのトラックバック一覧です: 苛立ちも今なら許せる穀雨かな:

« 氷結の森 (熊谷達也) 読了記録 | トップページ | 万城目学 鴨川ホルモー »