2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 万城目学 鴨川ホルモー | トップページ | 巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは »

2010年4月26日 (月曜日)

手毬 瀬戸内寂聴著

手毬 瀬戸内寂聴著



◆ 手毬
◆ 新潮社
◆ 瀬戸内 寂聴

夫と死別したひとりの女、貞心尼が、良寛さまを師匠と仰ぎ、40歳も年齢が違うのですが、尽くす。その様子を瀬戸内さんは、いともさりげなく綴ってしまう。

山を越えて会いに行く女の心。人を好きになる女の心を寂聴さんならではの文章で、或いは彼女の人生がそうさせているのか、綴ってくれます。

晩年の良寛さまに寄り添う貞心の姿。それは小説のもつ奥深い味わいによって私の心を刺激しました。

魂が奮えます。心に沁み通る作品とはこういうのを言うのだと思います。

ちなみに、私はこの本を読んで、新潟の閻魔堂など、数々の足跡を旅しました。行きたくなる1冊です。


| 2006-04-26 15:00 | 読書系セレクション |

« 万城目学 鴨川ホルモー | トップページ | 巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823266

この記事へのトラックバック一覧です: 手毬 瀬戸内寂聴著:

« 万城目学 鴨川ホルモー | トップページ | 巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは »