2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 悔む | トップページ | どくとるマンボウ航海記、青春記  北杜夫 »

2010年3月28日 (日曜日)

三月が終わってゆく。

今日、銀マドに書いたのは、

しひて行く人をとどめむ桜花いづれを道とまどふまで散れ
(古今和歌集から)
---
なるほどね。
少し破滅的にも思えるこのうた。
人は多くを語ってはいけないだ。

*  *

少しずつ日を
遡ってみるか。

(26日)
どうして、キミと言葉を交わした日の夕暮れは、いつだって、こんなにも赤いんだろう。
もうお別れが近づいているというのに、春の風は冷たく、空は燃えてる。
僕は新しいドラマを作りはじめなくてはならないのだね。

(24日)
できるならさよならは桜の下で
好きだった人、一度だけお茶してくれた

(23日)
逢いたいの、でも叶わない人がいる
おはようと今は笑顔のふりをして
たんぽぽや日蔭の夢は日向へと
花咲いて瞼に焼くの、さようなら


(感想)
浮き上がってきたり
沈み込んでしまったり

電話をかけてみたり
メールを出してみたり

謝ってみたり
怒ってますかとたずねたり

まあ
いろいろ。
三月が終わってゆく。

行って欲しくない人ばかりが異動してゆく。

« 悔む | トップページ | どくとるマンボウ航海記、青春記  北杜夫 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47932561

この記事へのトラックバック一覧です: 三月が終わってゆく。:

« 悔む | トップページ | どくとるマンボウ航海記、青春記  北杜夫 »