フォトギャラリー(令和2)

  • お蕎麦
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 海を感じるとき 中沢けい | トップページ | 【花も嵐も】 素敵な駐在さん (番外) »

2010年2月27日 (土曜日)

沖で待つ 絲山秋子

沖で待つ 絲山秋子


中沢けいの「海を感じるとき」を読んだあのころのことを思い出しながらこの本を読んだ。絲山秋子さんの漂わす文章がそうなのか、芥川賞というラベルがそう思わせるのか、それとも、芥川賞というステータスがこのような気流を呼び起こさせるのか。

 

賞は面白いだけでは成り立たない。この作品の場合、文章がとりわけ美しいわけではない。むしろ面白さと美しさのどちらも二の次にしているような作品であるだけに、不思議である。いったい何処からこの作品の魅惑がやってくるのだろうか。新鮮なタッチなのか、そんなことを考えると中沢けいの「海を感じるとき」を思い出すのだ。

 

沖で待つには、しかしながら、なるほどと思わせる側面がある。

 

この作者が次々とヒット作を生むとか長編を量産するとも思えないけど、多くの人を掴むことは間違いない。
そして、そういう作家が優良であるとも限らないのだが、ものすごく未知なものを秘めている雰囲気を持っているとも思う。

 

海を感じるときに書いた
「一時的に身体を拘束されたような圧迫感が残った。あれは…後に気が付くのだが、読後の感動だったといえようか。感動とはそういう新鮮なもので、」

 

という想いがここで甦っている。


| 2009-02-27 18:49 | 読書系セレクション |

 

« 海を感じるとき 中沢けい | トップページ | 【花も嵐も】 素敵な駐在さん (番外) »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖で待つ 絲山秋子:

« 海を感じるとき 中沢けい | トップページ | 【花も嵐も】 素敵な駐在さん (番外) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト