フォトギャラリー(令和2)

  • お蕎麦
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« ひこうき雲、春夕焼けが包み込む | トップページ | 沖で待つ 絲山秋子 »

2010年2月27日 (土曜日)

海を感じるとき 中沢けい

海を感じるとき 中沢けい


大学生になって受験から解放され自由に読書を楽しめる時間を得たことの歓びがあったのだろうか。いいえ、歓びを歓びと気付かず野放しにしていたかもしれない。

 

ふと立ち寄った本屋で、私にはいっこうに相応しくない群像という雑誌を手に取ったのだった。それがイカガワシイ本であったとしてもまたその逆であったとしても決しておかしくない状況だったのだが、幸運にもそれが私と中沢けいとの出会いだった。

 

「海を感じるとき」という題名は後からじわっとやってきた。
話の内容をどこまで理解できたのかまったくわからないままであるものの、一時的に身体を拘束されたような圧迫感が残った。あれは…後に気が付くのだが、読後の感動だったといえようか。感動とはそういう新鮮なもので、残念ながら今となっては呼び戻すこともできないものである。


| 2009-02-27 18:48 | 読書系セレクション |

« ひこうき雲、春夕焼けが包み込む | トップページ | 沖で待つ 絲山秋子 »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海を感じるとき 中沢けい:

« ひこうき雲、春夕焼けが包み込む | トップページ | 沖で待つ 絲山秋子 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト