2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

« いいちこ ゆず | トップページ | 着々と四月の別れの支度する »

2010年2月 2日 (火曜日)

街道をゆく 白河・会津のみち(03)

街道をゆく 白河・会津のみち(03)



街道をゆくのなかで「なんといっても、東北は偉大なのである。たとえば江戸・明治期以降、政治・軍事・科学・人文科学・芸術の面で巨人を輩出してきたが、そういう頭脳の輩出地にしてなお距離論という単純なことから、自己の哀歓をきわめねばならないのだろう」と司馬遼太郎さんは書いています。

そうそう、蒲生氏郷も会津の生まれでした。今、大河ドラマでも藤原氏の話が出てくるのでしょうけど、日本という国のことを多角的に見ていると、この東北の凄さがじわっとわかってくるのです。


信州の向こうにどえらい大きな区域があって、そこを東北という。一度、そこを旅したいと思って10年以上も昔、バイクに跨り旅に出た。広すぎてコテンパンにやられて帰ってきた。もう一度といわず、何度でも行きたいと思った。

その後、4700キロ近くを2週間ほどで走り、19箇所の温泉を巡る旅もした。途轍もない魅力が東北にはあるのです。歴史もそうです。人にも、自然にも、言葉にも、文学にも魅力がある。

そう、東北が輩出した文学の話もしたいですね。


| 2005-02-02 09:04 | 読書系セレクション |

« いいちこ ゆず | トップページ | 着々と四月の別れの支度する »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/49823564

この記事へのトラックバック一覧です: 街道をゆく 白河・会津のみち(03):

« いいちこ ゆず | トップページ | 着々と四月の別れの支度する »

写真日記(平成29年版)

  • 長芋
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 帽子が編みあがったという知らせ
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う