2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« いい本に出会おうね | トップページ | 剣峠へ »

2010年1月20日 (水曜日)

ブルーブラックの…

ねえ

ちっとも電話をかけようとしないで
手紙を書くんだといいながら
ペンを持ってもぜんぜん便箋が埋まらないの。

あなたのことを想い続けている時間が長い分だけ
電話よりも心がこもるのだっていくら言っても

ポストに入れなきゃ、届かないじゃないですか。

ねえ、自分よ。

---

今日は大寒なのですけど、暖かいの。
暖房もつけずに、背中に陽を浴びて机に向かっていると

ふっとため息をついているだけで
万年筆のインクが枯れてしまうの。

乾いたペンの筆先をじっと見つめると
昔が懐かしくなるな。

ブルーブラックのインクのにおい。

---

いつも思うのだけど
不思議なことに
昔の匂いって記憶しているの。

声とかにおいって
顔よりも鮮明に覚えているかもしれない。

人の、というより、動物の避けられない本能なんだな。

« いい本に出会おうね | トップページ | 剣峠へ »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/47343759

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーブラックの…:

« いい本に出会おうね | トップページ | 剣峠へ »